起業家教育のプロが伝授する「思考と実践術」

誰でもすぐに応用できる「起業の3大原則」とは

起業家教育の専門家、山川恭弘氏が考える「起業家の思考と実践術」とは?(写真:山川氏提供)
アントレプレナーシップ(起業家)教育の最高峰として知られるアメリカのバブソン大学。世界中の有名実業家が卒業生として名を連ねており、日本でもトヨタ自動車の豊田章男社長、イオンの岡田元也社長、スパークス・グループ創業者の阿部修平氏などが同大学で学んだことで知られる。
そのバブソン大学で長年教鞭を執ってきたのが、山川恭弘氏だ。専門は起業に関する失敗について研究する失敗学で、学生たちがつけた愛称は「Dr Failure」。そんな山川氏が10月、「全米ナンバーワンビジネススクールで教える 起業家の思考と実践術」(小社刊)を上梓した。
山川氏は別の顔も持っている。今年10月、東京の虎ノ門ヒルズビジネスタワーに開業したオフィス「ケンブリッジ・イノベーション・センター」(CIC)。CICはアメリカのボストンに本社があり、起業家向けオフィスを世界展開する。アジアの初拠点として東京に開業するにあたり、先導役となったのが山川氏だ。約3年前から開業に向けて奔走、現在は日本法人のプレジデントを務める。その道のりは「起業道」の実践そのものだった。
起業家教育のプロが考える「起業家の思考と実践術」とは何か。たっぷりと聞いた。

「私は誰?」という問いかけから始まる

――著書で「起業道」は特別な人だけのものではないと指摘しています。

起業家のように考えて、起業家のように行動することを「起業道」とすれば、それは誰でも実践できることなんです。生活の中で「もっとこうすればいいのに」と思うことがありますよね。それを改善できれば、世の中が少しずつ良くなる。そしてそれは、その人にとって自分で生き抜く力につながります。

「Innovation is for everyone」。この本はいわゆる起業家の教科書にはしませんでした。必要なことが書いてあるけれども、誰でも手にとれるように、1章1章をストーリー仕立てにして、起きた問題を「起業家の思考」で解決していくという構成です。

――起業も、自分を知ることから始まるそうですね。

まず「Who am I?」、自己理解こそが起業の出発点です。バブソン大学で強調するのは、「Desire」(欲望)です。自分が何をしたいのかという欲望と、世の中にどんなインパクトをもたらしたいのかという欲望。これらを通して自分を知ることが本当の軸になります。

次ページ自分の欲望と世の中の問題を連携させる
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT