挨拶代わりの「ハグやキス」に外国人が引く理由

日本人が知らない「正しいビジネスマナー」

日本人が抱く外国人のイメージと現実とでは大きく乖離しているかもしれません。とくにビジネスシーンでの注意点を紹介(写真:IPGGutenbergUKLtd/iStock)  
職場やビジネスで外国人と接する機会が年々増えてきましたが、知らないうちに相手をいらつかせてはいないでしょうか?
シンガポール、アメリカ、日本の3カ国を拠点に24年間働き、現在は、マイクロソフト シンガポール アジア太平洋地区本部長として活躍する岡田兵吾氏(著書に『武器になるグローバル力 外国人と働くときに知っておくべき51の指針』がある)に、外国人と働くコツについて聞きました。

日本人が勝手に抱いている外国人のイメージの間違い

外国人との英会話と聞いて、皆さんはどんなイメージを持たれていますか。海外ドラマや映画などでみられるように、チークキスやハグでフレンドリーにあいさつする場面を思い浮かべられるのではないでしょうか。

チークキスは映画などでは頻繁に目にしますが、「外国人は皆あんなふうに振る舞うのだろう」と考えるのは危険です。親しい友達同士ならプライベートな場でチークキスをすることはありますが、職場ですることはありえません。

プライベートであっても、握手やハグをするときは注意が必要です。女性のほうから握手やハグをしようとした場合は問題になりませんが、男性のほうから握手やハグを促した場合、セクハラとみなされることもあります。

そもそも、外国人だからといって皆がオープンな性格だというわけでもありません。さまざまな国の外国人が集まるビジネスシーンでは、あくまでも「ビジネスパーソンらしい振る舞い」を心がけたほうがいいでしょう。握手やハグについては、相手に敬意を払って丁寧にコミュニケーションを取ったうえで、相手の性格や周りの状況から判断することをお勧めします。

このほかにも「日本人が勝手に抱いている外国人のイメージ」による間違いがあります。ビジネスシーンでの名前の呼び方です。

映画やドラマを見ていると「外国人はファーストネームで呼び合うのが当たり前」と感じるかもしれませんが、ビジネスの現場では、最初は相手に敬意を払ってラストネームで呼びかけるほうがいいのではないかと思います。

ファーストネームで呼び合ったほうがお互い親近感が湧くことは間違いありませんし、多くの外国人はファーストネームで呼ばれることに寛容です。それでも、まずはお互いに自己紹介をして相手の名前がわかったところで「あなたのことをどう呼べばいいですか?」と聞くのがマナー。

このように尋ねれば、相手から「ファーストネームで呼んでください」と言われることが多いでしょう。確認を経れば、ファーストネームで呼ぶことはまったく問題ありません。

次ページ国ごとの当たり前は当たり前じゃない!
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT