第4回 日本の経営系研究者はバカなのか?

研究者の絶対数が少ないのか?

しかし、ランキングは競争相手との比較によって決まるのですから、日本の社会科学分野の研究者の絶対数が他国に比べて少ないのではないか、とも考えられます。

 残念ながら、米国や東アジアの国々の分野別研究者の数はわかりません(調べれば数字はあるのかもしれませんが、日本で用いている分類と同じ方法で分野別研究者数が分類されているかどうかわかりません)。

 しかし、この絶対数が足りないのでは? という言い訳は、米国との比較においては成り立っったとしても、香港やシンガポール、台湾、などの国に対しては成り立ちにくいと思います。香港、シンガポール、台湾は小さい国であるにも関わらず、どの国も少なくとも“Accounting”, “Business and International Management”, “Management Information Systems”, “Management of Technology and Innovation”, “Strategy and Management”の5部門において論文の被引用数において日本より上位にいるからです。

 以上いろいろ議論してきましたが、やはり社会科学、特にビジネスを研究する分野の研究力が日本は劣っているようにしか見えません。厳密なことは言えませんが、研究者の数の差以上に研究力の国際比較においてビジネスを研究する分野の研究力は理系の各分野に比べ劣っているように見えます。数の問題ではないと言うことは・・・率直に言って、経済・経営の先生たちは理学・工学の先生に比べてバカなのでしょうか?

次ページ英語論文を書かないのは大問題
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナショックの大波紋
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。