一流ブランド支える、一流デザイナーの仕事

ブランドを成功に導く立役者

 おしゃれなモデルに派手なセレブ、ファッションピープルであふれるにぎやかなパーティ……。映画や雑誌で見るファッション業界の華やかなイメージは、人々を魅了してやまない。一方で、そのきらびやかなイメージの裏には、業界の戦略やしたたかな仕掛けが存在する。メディアからはなかなか伝わることのない、ファッション業界の舞台裏とリアルな現実をファッション・ジャーナリストが解説します。

ランウェイにスーパーマーケットをつくり、ゲストを驚かせたシャネルのショー。トップモデル、カーラ・デルヴィーニュと歩くカール・ラガーフェルド氏 (写真:ロイターアフロ)

この「ファッション! インサイダーストーリー」も、早いもので10回目となりました。ファッション業界の現場や仕組みなど、ちょっとした裏話をご紹介し、読者の皆さんにもっとファッションを身近に感じていただきたい、というコンセプトで始まったのが本連載。

というのも、ファッション業界は、面白くて魅力的な部分が多分にあるのですが、一方で、とっつきにくい部分があるのも事実です。なので、もっとファッションを身近に感じていただき、そのすばらしさを少しでもお伝えできればと思います。そして、これがおしゃれを楽しむちょっとしたきっかけになれば幸いです。

ブランドの明暗を決めるデザイナー

さて、今まで、ファッションショーファストファッションなど、さまざまなトピックについてお話しました。今回は、ファッションブランドの代名詞とも言うべき、デザイナーについてお話したいと思います。その豊かな才能と人気で、クリエイティブな側面からブランドを支え、今日のラグジュアリーブランドにおいて欠くことのできない存在が、デザイナーです。

基本的に、ファッションブランドというのは、デザイナーの創り出す服や世界観が評価され、ビジネスとして成長していくものです。ですが、シャネルやディオールなど、老舗の一流メゾン(ブランド)になると、デザイナーがすでに他界、あるいは引退していて、現在はほとんどが雇われデザイナーです。ですから、現代におけるデザイナーのサクセスストーリーは、自分のブランド(シグニチャーブランドといいます)を成功させるか、あるいは、一流メゾン(ブランド)のデザイナーとして、そのブランドを成功に導くか、の2つのパターンがあります。

では、ここで現在のファッション業界で名実ともにトップに君臨する、ビック3をご紹介しましょう。読者の皆さんも、ご存じの方が多いと思います。

次ページファッション界の巨匠「ビック3」は、この人たち!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 就職四季報プラスワン
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
北朝鮮が「新戦略兵器」?<br>強硬姿勢アピールの舞台裏

昨年末「新たな戦略兵器」との発言が報じられた金正恩委員長。強硬路線を取るとみられたものの、報告内容をよく読むと「自力更生」と経済の重視に力点があります。北朝鮮、米国、韓国、日本それぞれの立ち位置を考察します。