(第42回)大学別就職人気企業ランキング(九州大学編 パート2)

(第42回)大学別就職人気企業ランキング(九州大学編 パート2)

採用プロドットコム株式会社
 第39回にて取り上げた九州大学だが、伊都キャンパスに限定されない、文系も含めた全学的なセミナーが開催されたので、その参加者に対する調査データを加算して、再度集計し直してみた。文系学生においても理系同様に九州大らしい結果となった。
【調査概要】
(1)調査主体:ゼンケンULM株式会社、採用プロドットコム株式会社
(2)調査対象:ゼンケンULM株式会社主催の就職セミナーに来場した九州大学の学生
(3)調査方法:セミナー会場での紙アンケート回収
(4)調査時期:2009年11月4日(水)・5日(木)伊都キャンパス<理系のみ> 、2010年1月9日(土)<文理参加>
(5)有効回答:理系 940人(男子818人、女子122人)、文系 89人(男子45人、女子44人)、就職人企業ランキング総投票数票 理系 3776票、文系 420票
(6)集計方法:就職人企業ランキングは、1人5社まで記入。記入順、性別、専攻等での加重は一切加えず、単純得票数による順位づけ。
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。