iPhone悲願「PASMO対応」生活はどう進化する

アップルはSuicaで大きな成功を収めたが…

2つ目は、海外の人でも簡単に利用することができるようになった点だ。海外の人がiPhone 8以上のデバイスを日本に持ち込み、WalletアプリからPASMOを新規作成する場合、Apple PayにVISA・Master、JCB、アメリカンエキスプレス、もしくは銀聯カードが設定されていれば、残高を追加して発行することができる。iPhoneの使用する国や地域の設定を変更する必要もなくなった。

PASMOアプリが新たに配信され、チャージや定期券の購入などを行うことができる(編集部撮影)

現在、新型コロナウイルスの影響で観光での訪問が難しい状況になっているが、2021年に東京オリンピックが開催されるのであれば、海外から観戦に来た人は、手元のデバイスだけで、東京の交通機関を乗りこなすことができるようになる。iPhoneは通常、自分の母国語に設定しているため、駅の中や窓口で対応できない言語であっても、PASMOが利用できるようになる点は大きいだろう。

もう1つはオートチャージだ。鉄道事業者が発行するクレジットカードを持っている場合、残高が少なくなった際に自動的に残高を追加するオートチャージも利用できるようになる。Suicaの場合、Viewカードを持っている人にしか対応しなかったが、私鉄沿線に住んでいて、鉄道会社発行のクレジットカードを持っている人にも、オートチャージの便利さが拡大する。すでにPASMOカードへのオートチャージを利用していた場合、PASMOカードをiPhoneに取り込むことで、設定していたオートチャージも引き継がれる仕組みだ。加えて財布の中のカードを1枚減らすことができる。

端末を紛失した場合は?

ベイリー氏は、Apple PayのPASMO対応について、2つの安全性を強調した。

1つはセキュリティとプライバシーだ。Apple Payを設定しても、アップルは利用者がどこで、いくら利用したのかなどのデータを取得しないという。またICカードはiPhoneやApple Watch内のセキュアエレメントに格納され安全性が保たれるほか、端末をなくした場合でも「探す」アプリやウェブサイトからApple Payの機能を停止し、不正に利用されないようにすることができる。

もしデバイスを見つけた場合、カードの再発行は必要なく、ロックを解除すれば元通り使えるし、新たなデバイスに設定する場合でも、Apple IDに紐付けられ、残高をそのまま使い始められる。この点は、Suica同様、PASMOのセキュリティにApple Payの機能が追加される形となる。

次ページ感染拡大防止にも役立つ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT