発達障害の上司に「疲弊する人」「しない人」の差

デリカシーがない、机が汚い相手ほど要注意

発達障害の上司に疲弊しないための方法を一挙紹介(イラスト:ハルナツ/PIXTA)
日本では、20人に1人が診断される発達障害。不注意、多動性、衝動性の症状に特徴があるADHDや、コミュニケーションが苦手で独特のこだわり行動があるASDなど、その特性がゆえに、働くこと自体に困難さを感じる人が多くいます。「理論的にではなく感情的に話をする」「問題が起きるとすぐ癇癪をおこす」「思いつきで行動、指示することが多い」――もし職場にこんな理不尽な上司がいたとしたら、それは性格の問題ではなく、脳の特性の問題かもしれません。
『要領がよくないと思い込んでいる人のための仕事術図鑑』(共著:F太)の著者で、自身もADHD(注意欠如・多動症)と診断された小鳥遊(たかなし)さんが、「発達障害の上司との付き合い方」について詳しく解説します(監修:精神科医・岩波明)

これまでの私はしくじりの連続でした。20代は司法書士試験の勉強に明け暮れるも、結局不合格。その後アルバイトで入った司法書士事務所と不動産会社では、ほぼクビ同然で退職。やっと定職についても、いつミスするかとビクビクしっぱなし。上司の眉間にシワが寄るだけで心が砕かれる毎日でした。

案の定、仕事がうまく進められず、「なんて自分はダメなんだ!」と自分を責め続けて休職(しかも2回!)。そんな私が今、安心して会社勤めを続けられているのです。自分の傾向は今も昔も変わっていません。仕事のやり方を変えただけです。

前回記事(発達障害の部下を叱っても「全く無意味」な理由)では、そんな自身の経験から「発達障害の部下に、どう接すればいいのか?」についてご紹介させていただきました。今回は、「もし上司が発達障害だったら?」のケースについて解説させていただきます。

近年、欧米などでは自閉症などの発達障害者を高スキルのAI人材やITエンジニアとして活用する「ニューロダイバーシティ」への取り組みが増えてきています。ニューロダイバーシティとは「神経の多様性」を意味する新語です。発達障害は、周囲による少しの支援、協力、理解があれば、能力が開花される、という考えがベースにあります。

実際、発達障害の特性を持つ人の中には、仕事やクリエイティブの領域で素晴らしい能力を発揮する人も多くいます。「天才」と言われたスティーブ・ジョブズ氏やビル・ゲイツ氏、国内では楽天の三木谷浩史氏もADHDの傾向があることを明かしています。

「発達障害の上司」の特徴とは?

しかし、日本ではまだまだ「発達障害の人」=「困った人」として捉えられてしまうことも少なくありません。まずは、その特性を理解することから始めてみたいと思います。

たとえば、下記のような上司の行動に困ったことはありませんか。

・「理論的に」「冷静に」ではなく、「感情的に」話をする
・不測の事態が起こるとすぐパニックになる
・こちらの話を間違った方向に解釈して、うまく伝わらない
・思いつきで行動、指示することが多い
・周りへの配慮、思いやりに欠ける
・整理整頓が苦手で机の上が散らかっている
次ページ「発達障害の上司」との正しい付き合い方
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT