ネット婚活2週間で婚約した30代男女の決め手

ネットで仲を深めるにはどうしたらいいのか

手軽にできるオンライン婚活がはやっています。コロナ禍を経て婚活はどのように変わったのでしょうか(写真:yongshan/PIXTA)

結婚相談所の経営者として婚活現場の第一線に立つ筆者が、急激に変わっている日本の婚活事情について解説する本連載。コロナ禍を経てニューノーマルの時代になり、婚活やお見合いも「ネットで」ということが増えてきました。ネットは手軽というメリットがある一方、デメリットも多々。今回はネット婚活の注意点と、婚活わずか2週間で婚約にたどり着いたカップルについて紹介します。

「非対面」の警戒心が薄れてきた

緊急事態宣言以降、オンライン婚活がはやっています。以前は安全性を気にする人が多かったのですが、あまりにもネットで「オンライン婚活、オンライン婚活」と喧伝されているので警戒心が一気に薄れ、気軽に始める人が増えました。

この連載の一覧はこちら

以前は、婚活サイトであってもオンラインは最初の何回かのやりとりだけで、お見合いはフェイス・トゥ・フェイスが主流でした。しかし、新型コロナウイルスの影響でテレワーク、リモート会議が増え、オンラインで人と会うことに抵抗感がなくなってきたため、お見合いまでオンラインで済ませてしまうケースが急増しているのです。

間に結婚相談所が入っているオンライン婚活であれば、独身証明書などのプロフィール内容を証明するためのさまざまな書類を事前に提出しているはずなのでトラブルは少ないのですが、オンラインのみの婚活サイトや、出会い系サイトを同じようなイメージで使うと、プロフィールがでたらめという場合も少なくありません。

とくに入会金、月会費が極端に安いところは注意が必要です。安ければ誰でも簡単に入会できます。すなわち犯罪目的の人も入りやすいということでもあります。きちんとサポートをしている会社の場合は、やはりそれなりに料金がかかります。その分、犯罪者は入りづらい。

しかし、一般の人から見ると、結婚相談所も出会い系サイトも区別がはっきりつかないかもしれません。「だったら、安いほうがいいんじゃない?」と深く考えずに入会してしまい、トラブルに巻き込まれることも。あまりに安かったら警戒したほうがいいでしょう。

次ページ「見せてくれ」とせがむ男性
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT