ネット婚活2週間で婚約した30代男女の決め手

ネットで仲を深めるにはどうしたらいいのか

「アルバイトで月15万円の生活。その職もコロナの影響で切られてしまった」「高齢の母親と2人暮らし。母はシングルマザーで、女手1つで育ててくれた。今も母親の年金で暮らしている」。それを聞いて私は本気で叱りました。「お母さんを食べさせてあげるのが筋じゃないのか」と。

アルバイトだと入会基準には達しておらず、通常はカウンセリングも行えないのですが、あまりに悲壮感が漂っているので、個人的にとても気の毒になってしまいました。そのため、通常業務の範囲外なのですが、「結婚したいならアルバイトじゃだめ、正社員じゃないと」と、その男性の住まい近くの求人をいくつか調べて面接を勧めました。

1社は落ちてしまいましたが2社目で合格し、6月に晴れて正社員に。彼は生まれて初めての正社員になったそうです。自信をつけた彼は、初給料の日に入会することになりました。

希望年収の「逆転現象」が起きている

コロナ禍でアルバイトが減り、給料が3分の1に減ってしまったという30代女性もいます。家賃が払えなくなったため実家に帰ることにしたけれど、「実家に帰る前に結婚できないでしょうか」と相談に来ました。

コロナ禍で生活が苦しくなった方の婚活は、正直言って厳しい道のりです。選択肢としては2つ。1つは、同じような年収の人と結婚して、2人で力を合わせて頑張る。2つ目は、本人が若ければという条件付きですが、「養ってあげるから、若い男性/女性がいい」という年収の高い年上を狙う。どちらかになるでしょう。

しかし、前者もなかなか厳しい。年収が低めの人は、このコロナ禍で相手が自分と同じような状況では「いつクビになるかわからない」という不安を抱え、避ける傾向にあります。

一方で、大手企業の正社員のように自分で十分な年収を稼げている人は、コロナ禍で逆に「結婚はお金じゃない。今まで『相手は年収1000万円以上に限る』と吠えていたけれど、600〜700万円でもいいから、とにかく家庭を築きたい」と心情が変化しました。低所得層の婚活は、相手の希望年収のハードルを上げ、逆に高所得層の婚活は希望年収のハードルを下げてきたという、逆転現象があるようです。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT