婚活男女のSNS、意外な「どん引き」ポイント

趣味が「恐怖」や「負担」の境界線を越えるとき

近年、婚活においてオタク的要素が男女ともに強みになってきているそうですが……(写真:akiyoko/iStock)

結婚相談所の経営者として婚活現場の第一線に立つ筆者が、急激に変わっている日本の婚活事情について解説する本連載。今回は、かつては婚活においては「マイナス」と見られていたオタク的要素が近年は婚活男女の強みになってきていることについてです。男女とも趣味や生活を披露する場としてSNSを活用するのは当たり前ですが、婚活時においてはこれが思わぬ「トラブル」になることも……。

この数年で男女とも「オタク」が増加

今、婚活市場でオタクは”穴場”です。ゲーム好き同士、あるいはアニメ好き同士、結婚後も好きなことをしていられるので生活を相手に合わせて変える必要がなく、「お互い好きなことをしよう」と楽しく暮らせると人気なんです。

この連載の一覧はこちら

ゲームにどっぷりハマっているある男性は、小学生のときに出合ったゲームに感動し、「自分は大人になったらこのゲーム会社に就職する」と決意して頑張り続けて、今、本当にそのゲーム会社で働いています。婚活して自分よりも年収の高い医療従事者の女性と出会い、彼女もゲームが好きということで、交際順調、とても仲良しカップルです。

かつてはゲームオタクやアニメオタクといえば男性が圧倒的に多かったのですが、今は女性のオタクも少しずつ増えてきました。

オタクとまでいかなくても「理解はできる」「許容できる」という人はかなり多い。相談所では、3年ほど前までは趣味の欄に「ゲーム」「アニメ」と書くとお見合いを躊躇する人がいることもわかっていたので書かせないようにしていましたが、今は堂々と「ゲーム」「アニメ」と書く人が増え、むしろ書いたほうがマッチングしやすくなりました。

デートでも、ゲームやアニメが好きな人同士だと会話が弾みます。しかし、ただそれだけではゲーム同好会になってしまって婚活になりません。

実際に「デートで秋葉原に行って1日ずっとゲームをしていた」というカップルがいました。お互い楽しく過ごしたようですが、やはり将来のことや結婚観については話さないと、先に進みません。こういうときに私たちのような結婚相談所が介在すればアドバイスができます。

次ページ5年間婚活続けるジャニーズファン女性の不満
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT