婚活男女のSNS、意外な「どん引き」ポイント

趣味が「恐怖」や「負担」の境界線を越えるとき

すると、男性が軍服を着ている写真が出てきました。さらにはマンションのベランダから国旗を出している写真も。デートのときの会話の内容からは、なにか思想がかっているとかそういうことは全然わからなかったようです。ただ女性は「頭がいいから、会話が半分わからない」とは言ってましたが……。女性はびっくりして交際終了にしました。

デートでナチス・ドイツのシンボルである鉤十字が付いた軍服を着てきた30代公務員男性もいました。マニアなのかおしゃれのつもりなのかわかりませんが、コートも持っているそうです。映画かなにかを観てかぶれたのかもしれません。「そんなの着ていって好感を持たれるわけがない。今すぐ捨てて」とやめさせました。

趣味は個人の自由とはいえ、婚活と両立できる趣味とそうでない趣味があります。婚活を成功させたいのであれば、そこは考え直さざるをえません。

インスタで「盛りすぎ」は逆効果

お見合いするときに、人によっては相手のことをSNSで検索します。例えば「○○(地名)で老舗のうなぎ屋を経営」とプロフィールに書かれているとしたら、名前などをかけ合わせて調べればお店が特定できるでしょう。病院やクリニックを経営している人も、名字と住所から「○○区、内科、△△△」などと検索すれば出てくるので、経営規模を調べることができます。 公式ホームページが出てくる分には大いに結構です。

しかし、フェイスブックなど個人のSNSまで検索される可能性もあるので、婚活している人は気をつけたほうがいいですね。自分の趣味嗜好を披露する場として使われやすいSNSですが、必要以上の情報をあえて流す必要はありません。

とくに女性の場合は、インスタグラムで盛りすぎると「華やかすぎて嫌だ」と避けられる傾向にあります。とくにコロナ禍は節約している人のほうが好感を持たれやすい。実際、「こんな時期なのにルイ・ヴィトンを買っている」「結婚したら、ヴィトン何個買うんだろう?」と言われて振られた女性がいます。

実際にデートに行くときも、「ブランドものは持っていってはいけない」と事前に伝えていますし、オンラインお見合いをするときも、「後ろにブランドもののバッグなどが見えないか注意して」「『クローゼットを見せて』と言われることがあるので、ブランドものは隠して」とアドバイスしています。

次ページ料理上手な男性が振られた理由
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラの視点
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT