婚活男女のSNS、意外な「どん引き」ポイント

趣味が「恐怖」や「負担」の境界線を越えるとき

逆に、「昨日通販で2980円から50%引きになっていたチュニックを買った、とSNSに書いていてかわいいなと思いました」という好感度がアップした女性もいました。

作る料理が豪華すぎて振られた人もいます。毎日毎日、鴨やラムを使った凝った料理の写真をアップしていた男性。「食材がすごすぎる」「毎日、高級食材で料理をしているの?」と、振られてしまいました。派手すぎる料理に相手女性がプレッシャーを感じて「結婚しても、私にはこんな料理は作れません」となってしまったのです。

SNSでは多くの人が自分をすてきに、派手に、リッチに見せようとしがちです。しかし、婚活においては庶民的で質素な素朴な感じのほうがウケがいい。料理好きであれば卵焼きでいいんです。卵焼きに大根おろしを添える。そういうシンプルな写真のほうが、「経済感覚がきちんとしているな」「家庭料理が上手だな」という印象を与えるようです。

 婚活をSNSで赤裸々につづっちゃダメ

そうやって婚活の戦略としてSNSを利用する方法はありますが、書いていいことと書くとマズいことの区別ができていない人があまりに多いため、本音を言えば婚活中はSNS自体、お休みしたほうがいいと思っています。書いたらダメなことをしっかりわきまえておかないと、非常識な人間に見えてしまいます。

さみしさからSNSに過剰に書く人もいますし、自己顕示欲が強い人は余計なこと、鼻につくことを書きがちです。例えば昔の恋愛など、言わなくてもいいことまで書くから、検索されて出てきてしまう。相手が見る場合もあるし、相手の親や知り合いが見る場合もあり、損をすることのほうが多いのです。

SNSはあくまでバーチャルな世界。婚活で大事なのは、1対1で目の前にいる人に素の自分を見せること。それ以外は秘めごとにしたほうがいいと思いますね。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT