子どもが欲しい男性が41歳の女性を選んだ結末

36歳と38歳の「美人タイプ」をなぜ振ったのか

41歳の女性と結婚、3年半後には念願の子どもを授かり父親になった男性。そこに至るまでの道のりとはどのようなものだったのでしょうか(写真:Graphs/PIXTA)
女性の場合は30代後半、男性の場合は40を越えた婚活者たちが、入会面談のときに決まって口にする言葉がある。「できることなら、子どもを授かりたい」。その年齢のデッドラインが見えてきて、慌てて婚活市場に参入してくる人たちが多いのだ。
2017年3月9日に配信された記事「結婚するとは『運命共同体』を結成することだ」の主人公として書いた祐一(仮名、当時43歳)も、そんな1人だった。その彼が成婚退会から3年半経って子どもを授かり、父親になった。今回の『仲人はミタ』は、その3年半の道のりにスポットを当てる。

36歳、38歳を振って、41歳の女性を選んだ理由

過去の記事にも綴ったが、祐一はそもそも結婚に興味がなかった。

この連載の一覧はこちら

仕事一筋で家のことは母親に任せきりだった父。もともと病弱で精神的起伏が激しかった母親は更年期にうつ病になり、あるとき自殺未遂をはかる。結婚を予定していた妹は結婚を延期し、家族は崩壊しかけた。

「これが結婚のありさまか。結婚なんてしないほうがいい」

祐一は、そう思っていた。

ところが、その後父は仕事をやめ、家事をしながら母親に寄り添うようになった。

「家事って思っていたより大変なんだな。母さんに任せきりにして悪いことをした」

そう言って慣れない家事をしている父の姿に、母も日に日に落ち着き笑顔を取り戻していった。そんな夫婦の姿を見ていくうちに、祐一の気持ちも“結婚なんてしないほうがいい”から“結婚するのも悪くないかもしれない”と変化していった。そして、婚活を決意し、私を訪ねてきてくれた。

入会面談のときに祐一が言っていた。

「結婚するのなら、子どもを授かって自分の名字を残したいんです」

彼は先祖が九州出身で、とても珍しい名字だったのだ。

次ページ苦戦する婚活
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。