コロナのせい?遠距離恋愛でフラれた38歳女性

Zoom合コンで盛り上がっていた「6歳下の彼」

新型コロナウイルスの影響で、会うことができなかった遠距離カップルも多いのではないでしょうか(写真:MediaFOTO/PIXTA)
新型コロナウイルスの影響で、リアルに会うことができないカップルも多かったことだろう。会えなかった期間に、気持ちがすれ違ってしまった人たちもいるのではないか。仲人として婚活現場に関わる筆者が、1人の婚活者に焦点を当てて、苦労や成功体験をリアルな声と共にお届けしている連載。今回は、“コロナが引き金になって破局したカップル”の事情をつづる。結婚を言い出さない恋人と付き合っている人は、ぜひ自分のケースに当てはめて読んでみてほしい。

週末同棲をしていた年下の彼が「関西に転勤」

38歳の女性が入会面談にやってきた。

この連載の一覧はこちら

「緊急事態宣言が開けて、2年間付き合っていた男性に振られてしまいました。あと4カ月で39歳になります。それまでには、なんとか相手を見つけて結婚したい」

神妙な面持ちで言った。

秀実(仮名)は目鼻立ちの整った美人で、都内の企業で企画広報の仕事をしているという。企画広報と言えば、会社の中でも華やかな部署。スラリとしたスリムな体型で女らしい色気も漂わせ、男性が声をかけたくなるタイプだ。しかし、彼女のようなタイプほど、独身のまま歳を重ねてしまう。

なぜなのか? これは付き合っている男性が、女性を結婚相手としては見ていないからだろう。そして、こうしたケースは、たいてい相手が年下。

秀実が付き合っていた、将也(仮名)も6つ下で、会社の後輩だった。将也は、関西の私大を卒業後に、秀実の会社に入社してきた。出身が関西でお笑い芸人のように面白いことをポンポン言い、人懐っこい性格で社内でも人気者だった。

「彼は営業部にいて、営業成績もよかった。2年半くらい前に、社内で部署のフロア引っ越しがあって、同じフロアになったんです」

同じフロアになってからは、顔を合わせる機会も多くなり、彼は秀実を慕ってきた。

「人と話すときに知ったかぶりをしたり、マウントを取ったりするようなところがなかったので先輩からもかわいがられていたし、同僚からも好かれていたし、私のことを慕ってくるので悪い気持ちはしなかった」

次ページあるとき、仕事終わりに食事に誘われる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT