コロナのせい?遠距離恋愛でフラれた38歳女性

Zoom合コンで盛り上がっていた「6歳下の彼」

その日、将也にLINEを打った。

「昨夜のZoom合コン、ずいぶん盛り上がったみたいね」

しかし、ここまで打って結局は送らずに、文字を消した。38歳の自分が10歳近く年下の女性に焼きもちを焼いていると思われるのは、かっこ悪いと思ったからだ。

「昨日の夜、木村さんたちとZoom合コンやったって聞いたよ。たまには息抜きしたいよね。そっちはコロナの状況どう?」

このLINEを送った。すると、将也から、こんな返信がきた。

「合コンっていうか、ただの飲み会だよ。もしかして今日は出社? 木村に聞いたの?」

「そうだよ。楽しかったって」

すると、笑顔で笑うキャラクターのスタンプが送られてきた。

「コロナ、いつ収束するのかな。収束したら大阪行くね」

「当分収束は難しいんじゃない?」

気のせいか、返信が素っ気ない気がした。

そして、ゴールデンウィークに入り、世の中は “ステイ・ホーム”一色。飲食店、映画館、ライヴハウスなどの人が密で集まる場所は休業となり、普通に営業しているのは、日用品を買うスーパーやドラッグストアで、これまでとはまったく違った日常が繰り広げられた。

遠距離になって以来、将也との関係に少し距離ができたのを感じていたのに、コロナウイルスの蔓延で身動きができなくなってからというもの、その距離がますます広がっていくのを感じるようになった。

緊急事態宣言が明けてみたら

そして、5月25日に安倍総理により、緊急事態宣言の全国的な解除が表明された。

ただ解除されたといっても、一気に元の生活に戻ることはなく、会社では引き続き社員が時間帯をずらして交代で出社し、リモートワークが続けられていた。

いつになったら、将也の東京出張が再開されるのか。いつになったら自分が関西に行けるのか。そう思っていたのだが日を追って、“大阪は感染者が0”と報道されることも増えて行った。

6月に入り、秀実は週末を利用して将也に約3カ月ぶりに会いに行こうと思った。

そのことをLINEで告げると、「話したいことがある」と返信がきた。

「話したいことって何?」

「今回のコロナ騒動があって、親が“早く結婚して身を固めろ”とうるさくて。結婚することにした」

さらに、こんなLINEが来た。

「こっちに戻って1年暮らしてみて、関西は生まれ育った場所だから住みやすい。結婚したら、しばらくはこっちで働くと思う。秀実さんは、東京本社の広報でも中心的な人だから」

だから、何なのだろう。何が言いたいのかわからなかった。ただ結婚相手が自分ではないことは、わかった。

次ページ“付き合っていた”と思っていたのは
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT