サザンと「YOASOBI」、時代を越えた意外な類似 人気の陰に日本で偏愛される、あのコード進行

印刷
A
A

興味深いのは、この「未練進行」が、ここ最近に多用され始めた今風のコード進行ではなく、実は、しばらく前から既に、日本で偏愛されていたことである。

フロンソワ・デュポワというフランス人のマリンバソリスト/作曲家が書いた『作曲の科学』(講談社ブルーバックス)という本は、この「未練進行」を「日本でひんぱんに使われているコード進行」「日本で人気の王道コード」としている。

また同書では、その例として『オリビアを聴きながら』『いとしのエリー』『LOVEマシーン』『瞳をとじて』『シーズン・イン・ザ・サン』『世界でいちばん熱い夏』『さくら』『ロビンソン』『大迷惑』『夢で逢えたら』を挙げている。

「未練進行」が「日本でひんぱんに使われているコード進行」となったのは、このラインナップを見る限り、1979年リリースのサザンオールスターズ『いとしのエリー』(「♪笑ってもっとBaby? むじゃきにon my mind」)や、(このラインナップには無いが)荒井由実『卒業写真』(「♪人ごみに流されて」)の影響が大きいと思うのだが。

古今東西変わらぬ日本人の音楽ニーズ

話を戻すと、YOASOBIという新進気鋭の音楽家が、実は「日本でひんぱんに使われているコード進行」を多用している点が、私にとっては、実に興味深いのである。

YOASOBIの「クロスカルチャー性」、加えてTiktokに代表される、極めて現代的なタッチポイントにおける「参加」性・「共感」性の陰に、日本人が長く愛し続けた「未練進行」のセンチメンタリズムがあった!

言い換えると、YOASOBIならではの「特異な音楽的構造」とは、実は、今風の珍奇なものではなく、むしろ日本人のど真ん中音楽ニーズとしてのセンチメンタリズムを捕らえる、極めてオーソドックスな音楽的構造だったのだ。

以上、努めて客観的に書いてきたが、かくいう53歳の音楽評論家である私も、『あの夢をなぞって』のサビ、「♪もうちょっと どうか変わらないで」からの「未練進行」で胸がキューンとなることを、恥ずかしながら白状したい。

「未練進行」×ikuraの透明感ある声の組み合わせは、それほどまでにセンチメンタルで、かつ汎用的な魅力を持つのである。YOASOBIは今年上半期のブライテスト・ホープであり、センチメンタリスト・ホープでもある。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT