「あいみょん」がここまで支持される音楽的必然

カギはパンチラインと「令和歌謡」のツンデレ

プロモーションツアーで台湾を訪れたあいみょん。2018年5月15日(写真:時事通信社)

正直、この連載で取り上げるには遅すぎたと思っている。昨年、若者を中心に人気が爆発し、年末のNHK『紅白歌合戦』にも出場、幅広い層にその名をとどろかせた24歳の女性シンガー=あいみょん。

今年に入っても、その人気はまったく衰えていない。6月10日付「Billboard JAPAN HOT100」において、あいみょんは40位以上に、何と5曲も送り込んでいる。

5位:『マリーゴールド』
12位:『ハルノヒ』
18位:『君はロックを聴かない』
24位:『今夜このまま』
32位:『愛を伝えたいだとか』

驚くべきはこの内、今年のリリース楽曲は『ハルノヒ』だけで、『マリーゴールド』『今夜このまま』は昨年、『君はロックを聴かない』『愛を伝えたいだとか』に至っては一昨年のリリースだということである。

この連載の一覧はこちら

今回は、一部メディアが「あいみょん現象」と騒ぐこの盛り上がりが、どのような音楽的要因によって形成されたのかを考察したいと思う。

なお今回の分析には、主にシングル曲を対象とする。具体的には上の5曲に『貴方解剖純愛歌~死ね~』『生きていたんだよな』『満月の夜なら』を加えた8曲だ。

切っ先鋭い「あいみょんパンチライン」

ブレイクへの要因として、真っ先に浮かぶのが、あいみょんの作詞能力だ。切っ先鋭いコトバづかいが実に印象的なのである。

「パンチライン」という音楽用語がある。主にラップのリリック(歌詞)の中における「決めフレーズ」を意味する言葉なのだが、あいみょんの歌詞には「あいみょんパンチライン」とでも名付けたくなるような切っ先鋭いコトバが、そこかしこに埋め込まれているのだ。

そもそもタイトル自体がパンチラインとなっている曲が多い。『貴方解剖純愛歌~死ね~』は別格として、不思議に口語的な『生きていたんだよな』『愛を伝えたいだとか』や、『君はロックを聴かない』という、いかにも音楽業界を騒がせそうな言い回しなど。

また最新アルバム『瞬間的シックスセンス』(このタイトルも一種のパンチライン)の収録曲=『ら、のはなし』『from 四階の角部屋』などもなかなかのパンチラインだ。

さらには歌詞の中でも、『満月の夜なら』の「♪君のアイスクリームが溶けた」や、『今夜このまま』の「♪とりあえずアレください」などの際どい意味合いを深読みさせるフレーズや、『マリーゴールド』の「♪でんぐり返しの日々」、『ハルノヒ』の歌い出し=「♪北千住駅のプラットホーム」などなど、「あいみょんパンチライン」は尽きない。

次ページあいみょんが持つ独自の鋭いきらめき
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。