「あいみょん」がここまで支持される音楽的必然

カギはパンチラインと「令和歌謡」のツンデレ

歌詞全体から彷彿される世界観で、というより、歌詞の中の個々のフレーズで爪痕を残そうという意志にあふれている。だから詩人というよりは、コピーライターに近い才能のきらめきを強く感じる。その結果として「あいみょんパンチライン」が、ひいてはあいみょん自身が、現在の音楽シーンで独自の鋭いきらめきを持つと考えるのだ。

あいみょんサウンドの「人懐っこさ」

しかし同時に、私が指摘したいのは、そんな切っ先鋭いコトバには一見似つかわしくない、あいみょんサウンドの「人懐っこさ」である。

まずはボーカルの声質。独特のハスキーな声質で、聴けば聴くほど病みつきになるのだ。

いくつかのインタビューであいみょんは、好きな音楽家として、スピッツ(草野マサムネ)や浜田省吾を挙げている。彼らからの影響なのか、彼らに似たハスキーでストレートな歌い方が、あいみょんボーカルの魅力に直結していると思う。

次にアレンジ。アコースティックギターを中心に置きながら、落ち着いたテンポをキープする、しっとりとした親しみやすいアレンジが特徴である。

テンポについては、BPM(1分間の拍数)で、『貴方解剖純愛歌~死ね~』が約165と速いが、それ以外のシングルはおしなべて、100から110くらいのミディアムテンポで統一されている(ちなみに『君はロックを聴かない』の中に「♪僕の心臓のBPMは190になったぞ」というパンチラインがあるが、BPM190とはRADWIMPS『前前前世』レベルの相当な速さだ)。

この点に関して、あいみょんのプロデューサーである鈴木竜馬氏はインタビューで以下のように語っている。

「今の日本で主流の楽曲のテンポは、本来、日本人に合うテンポよりも少し速いんです。それに対して、あいみょんの曲は、テンポをレイドバックさせて80年代や90年代に多かったニューミュージックや歌謡曲のテイストを入れて歌いやすくなっています」(サイト:Agenda note「あいみょんプロデューサー 鈴木竜馬が語るヒットの法則『音楽業界のエッジからセンターへ』」

さらに注目したいのがコード進行である。今回、この原稿を書くにあたって、先のシングル群のコード進行を確認してわかったことは、最近のヒット曲にしては、コード進行が異常にシンプルなのだ。

シングルの中で唯一短調(マイナー)の『愛を伝えたいだとか』を除く、長調(メジャー)の7曲をCに移調して比較すると、全曲が基本、C、F、G、Am、Emなどのベーシックなコードで構成されている。複雑なコードや突飛な転調で埋め尽くされるJポップ界の中で、ポップスの教科書のようにシンプルなあいみょんのコード進行は一層際立つ。

次ページシンプルなコード進行の代表曲は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 占いのオモテとウラ
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT