けんすうの成功則「リスクはとらずに管理しろ」

誰もやらないことをやれば差がつくサードドア

リスクはとらずに管理する……サードドアを開ける極意とは?(写真:ridvan_celik/iStock)
12万部突破のベストセラーとなった、アレックス・バナヤン著『サードドア:精神的資産のふやし方』。
「誰もやらないことをやるだけで差がつくのに、みんなやらないだけなんです」――連続起業家でアル取締役の「けんすう」こと古川健介氏は、19才で学生コミュニティサイトを立ち上げ、大学在学中にIT企業の社長に就任するなど、独創的な発想力で、大手企業に買収されるスタートアップや新規事業をいくつも生み出してきた。現在は漫画ウェブサービス「アル」を手がける。けんすう氏にサードドアを開ける極意について話を聞いた。

けんすうが10代で開けたサードドア

ビジネス書は多くの場合、「自分は超人だ」という著者の目線で書かれています。

話題のベストセラー『サードドア:精神的資産のふやし方』の特設サイトはこちら(画像をクリックするとジャンプします)

その背景には、成功した経営者が「いかに自分は人と違う素晴らしい努力をしたか」を語ったほうが、ありがたくてウケがいいという事情があるのかもしれません。

ですが『サードドア』はそこを出発点にしていないところが、表現としてうまいなと思いました。

何者でもない普通の大学生が、偉大な成功者にインタビューしようと突拍子もなく考えて、まずは攻略法を考えてクイズ番組に出て優勝し、それで得た資金で活動しはじめる。そこからしてすでに面白い。

僕も10代からいろんなサードドアを使ってきました。高校生の頃、どうしても授業を受けたい予備校の先生がいたのですが、席を得られなかった。そこで、「その先生のファンサイトを作る」という方法で先生に認知してもらい、こっそり授業に潜り込ませてもらったのです。

19歳のときには、受験に有利な情報を得るために、大学受験に特化したコミュニティサイトを立ち上げました。当時はまだそのような情報プラットフォームがなかったこともあって、すぐに1日5000件の投稿があるサイトに育ちました。

僕はそこに集まる情報を通じて、勉強法や参考書、出題傾向などを学びました。

受験と言えば、普通は誰もが自ら熱心に勉強することを考えると思いますが、僕はインターネットのサービスを作り、いい情報をたくさん得て活用し、第一志望に合格しました。

次ページサードドアに気づいてもやらない人
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT