「転職=攻め」と思っている人に欠けている視点

「転職のタイミング」とはいったいいつなのか

キャリアアップのための転職のタイミングは、いつがいいのでしょうか(写真:Kazpon/PIXTA)

→安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

大学卒業後、小さな企業で経営を間近で見て学びたいと考え、かれこれ7年程度ベンチャー企業に勤務していますが、いわゆる辞めどきというか卒業のタイミングについて悩んでいます。
IPOしたときと皆は言いますが、全部のベンチャー企業がIPOできるわけではありませんし、かといってこのままずるずるいるのも違う気がしています。
回りにもベンチャー企業勤務はそれなりにおり、情報交換を随時していますが、正直なところベンチャー企業なのか単なる町の中小企業なのかわからなくなってくることすらあり、ますますいつまでいるんだっけ?という疑問が頭をよぎります。
社風もよく、給与も大手企業勤務の友人と同等かむしろよいぐらいですし、これといった不満があるわけではなく、このままずるずるといってしまう気もしつつ、でもそれが正解かどうかわからないという状況です。
原点をただせばキャリアアップして経営に近い立場でやりたいという思いがあるので、本来は転職とか攻めのアクションを起こすべきだとは理解していますが、どういったタイミングを起点とすべきかアイデアをください。
会社員 佐々木

「IPO」はあくまでも会社のタイミング

職業人としての自分自身の成長や学びといった視点で考えるのがよいでしょう。自分にとっての成長機会の有無。これをベースに判断するべきです。IPOうんぬんは自分のタイミングではなく、会社のタイミングですから何もそれを起点とする必要はありません。

この連載の記事一覧はこちら

確かにIPOはタイミング的にもストーリー的にもわかりやすく、また勤務していた自分にとってはひと段落なのかもしれませんが、一職業人としてそのIPOなりが労働市場において評価されるかどうかは別問題です。

自分自身が会社の成長を牽引する立場にいたとか、IPOに係る実務の責任者をやっていたなど、自分の成長や実績とIPOが重なっていれば、ご自身の成長ストーリーと合わせて評価される可能性はあるでしょう。一方で、ただその会社に在籍していたというだけでは会社のIPOイコール自分の成長とは決して言えないでしょう。

次ページ「転職=攻めのアクション」は正しいのか
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT