宇宙を目指す?最強の”美女医”登場

エリート美女は知力・体力・行動力!

――強気だなあ……。医師を目指したきっかけを教えてください。

私が中高生時代はバイオテクノロジーが急速に発達し始めた頃で、医師になることを意識し始めたのです。父と同じ産婦人科医は、大変でつらいことがわかっていたんですけど……。若い頃には買ってでも苦労しろという、祖父や両親の言葉を聞いて決意しました。

月の3分の2が当直でも諦めない

――医局は慶応病院に所属したそうですね。人手不足が指摘される大病院の産婦人科医は、やっぱり大変でしたか?

人生でいちばん体力的に大変で、学びも多い日々でした。慶応病院は規模が大きくて患者数も多いので、産科と婦人科に分かれていて、両方の過密なスケジュールをこなさなければなりません。病院に入った頃のことは今でも覚えています。

月間で3分の2が宿直のときもありました。でも、どんなにつらくても、自分の限界なのかワガママなのかが判断できないうちは、仕事を続けようと思っていました。体調を崩して、そのまま慶応病院に入院したこともあります。ある日、久しぶりに病院の外に出たら空が青くて雲が白かった。それだけで熱い涙が流れ出てきました。

こうした修業時代を経て、ある目標ができました。「博士号を取ったら今までできなかったことを何でもしよう!」という目標です。

――2008年に慶応大学で博士号を取得する前後に、ビジネススクール(グロービス)に通ったり、サプリメント開発の会社を作ったり、宇宙飛行士の試験を受けたりしていますね。10年間の修業時代が明けた喜びが伝わってくるような経歴です。

当時の私のように病院内に閉じこもっていると、「井の中の蛙」になりがちです。専門性はあるけれどほかの知識がなさすぎる。私は安易なので、わからないことがあったら学校に行っちゃいます。経営やビジネスについて知るために、グロービスに通うことにしました。

サプリメントの開発を手掛けるようになってからは、医療の規制などで法律に関心が出てきました。2年前に早稲田大学の法学部に学士入学し、医事刑法の先生の下で学ぶことができたのです。

早稲田を選んだのは、3年前に亡くなった大好きな父が、早稲田びいきだったから。バンカラなイメージがある早稲田にあこがれを持っていたようです。最後の日々を過ごした病室も、大隈講堂が見える部屋だったのですよ。

小さい頃に勉強を教えてくれるとき、いつもプラスアルファで難しい問題を出してくれ、努力して一歩上を見ることの楽しさを教えてくれた父でした。私がつねに努力し続けられる原点です。

次ページエリート美女は知力・体力・行動力!
関連記事
トピックボードAD
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 激震!トヨタ×ソフトバンク
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 卒業 さや姉の克己心
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。