未婚者は週末にFBを見ると不安になる?

中・高、慶応美女が語るキャリアと結婚

高学歴(早慶上智か旧帝大レベルもしくは医学部卒)で高キャリアの美女を訪ね歩いている本連載。三拍子そろった女性を見つけるのも苦労しているが、登場してもらうのはさらに難しい。「エリート美女? 私はそんなんじゃありません!」と拒絶されることが少なくない。特に難航するのが早稲田大学の卒業生で、マスコミ業界という「身近」にたくさんいるにもかかわらず、候補者が少なく、たとえ見つかっても取材を拒否される。女性として特別視されることに違和感を覚えるのだろうか。

一方で、やたらに取材しやすいのが慶応大学の卒業生だ。もともと美女率が高いのかもしれないし、「容姿も武器のひとつ」という割り切りがあるのかもしれない。「私は(友達と比べると)美人じゃありませんけど、別にいいですよ~。何なら友達も紹介しましょうか?」と軽いノリで協力してくれる。同窓のつながりも他大と比べると格段に強いようだ。このままでは「エリート美女の2人にひとりは慶応生」という結論になってしまいかねない。たまには地方出張もしなくちゃ……。九州大卒の総合職美女がいたら、ぜひ編集部にご一報いただきたい。

照れまくる島田さんの美しい手元を撮らせてもらいました

生え抜きの慶応美女はテレビ局に勤務

さて、今回のエリート美女である島田加奈さん(仮名、31歳)も生え抜きの慶応生だ。中等部から慶応で、大学卒業後はテレビ局(キー局)の報道畑で働いている。同局で働く友人によると、「現場で他局の社員からアプローチされるほど」の美人だ。テレビのニュース番組を見ていると、政治家や芸能人の囲み取材でマイクやICレコーダーを突き出す人たちの中に「この人は女子アナ?」と思うほどの美形がたまにいる。そのひとりと考えていいだろう。

取材場所は都内にある老舗うなぎ店の個室。約束のランチタイムになると、髪をきれいにセットした島田さんが現れた。同席した紹介者の友人は「島田がこんなにちゃんとした姿を初めて見た」と父親のような表情で喜んでいる。聞けば、当番制で夜勤もある報道現場での日常は「基本すっぴん」。しかし、今日は取材を受けるから、友人の美容師に頼んで自腹でヘアメイクを施して来たという。このうれしい心意気がすでにエリート美女であり、「世慣れしている」印象も受ける。

「いやー、こんなんでホントすみません。ご覧のように美女なんかじゃないんです。話も面白くないし、人生設計も立たない人間です」

次ページ地方で実感した「三田会」の結束力
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT