宇宙を目指す?最強の”美女医”登場

エリート美女は知力・体力・行動力!

自己主張できる日本人になりたい!

――江澤さん、このお店のそば、すごくおいしいですね。

医学貢献でスウェーデン国王に招かれて勲章授与された、という驚きの経歴もあり

そうでしょう。のびちゃうともったいないのでインタビュー前に食べませんか。大宮さん、今日は何時まで大丈夫なんですか。15時半? わかりました。後から巻きで話しますのでまずは食べましょう。

――お気遣いありがとうございます(しばらく昼食)。江澤さんはお父さんも医師だと伺いました。医師を目指したのはその影響ですか?

それはちょっと話をはしょりすぎです。小さい頃は『なるほど! ザ・ワールド』のレポーターになりかったんですよ。

――フジテレビの人気情報番組ですね。懐かしい……。

揚げたアリをご飯にかけて食べている人たち、ウジがわくことでチーズのおいしさを見極めるヒマラヤ山麓の村長さん、などがいることを知りました。世界は広くていろいろな社会や言語があるんだなあ、と毎回楽しみに見ていましたね。

父は産婦人科医として忙しく働いていたのに、私たち子どもをいろいろなところに連れて行ってくれたのを覚えています。「フカヒレを食べに気仙沼に行こう」とか、「森の木にシロップを塗っておくとカブトムシやクワガタがたくさんやってくるぞ」とか。実際に経験させてくれて、好奇心を形にしてもらいました。

兄と妹の幼い3人だけで、母の実家まで電車の旅をしたこともあります。でも、物陰から母が見守ってくれていました。「子どもが本当に困るまでは手を出さない」という愛情深い放任主義の家庭で育ったと思います。

――好奇心を形にしてくれるっていいですね。

でも、小学生まではすごくおとなしい子で、「NOと言えない日本人」だったんですよ。お姉さんっぽい子に従わされているのが嫌で、「このままじゃいけない!」と思って、中学生のときに(積極的な性格に)変わるように心掛けました。

高校・大学時代ではホームステイをしたりインドやシリア、ネパール、トルコを友達とバックパッカーで回ったり……。ダマされることも多くて、「海外では自己主張をしないと誰も見てくれない。英語でケンカができるようにならなくちゃ」と感じましたね。口語の英語は映画のセリフをメモして覚えました。

今でも日本人が(欧米人に)変に遠慮している姿を見るのは嫌です。人類は兄弟なのにおかしい。知人の外国人が「スピード違反で警官につかまったけれど、英語でまくし立てたら許してもらった」なんて言っているのを見ると、「なに~!」と腹立たしくなります(笑)。

次ページ月の3分の2が当直でも諦めない
関連記事
トピックボードAD
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 激震!トヨタ×ソフトバンク
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 卒業 さや姉の克己心
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。