東大生が太鼓判「勉強のやる気を高める本」3選

「マンガから教養書まで」僕を救ってくれた本

もともと勉強嫌いだった筆者は、どんな本からモチベーションをもらったのでしょうか(撮影:尾形文繁)
「本や教科書を読んでいるのに、なかなか身に付かない」
受験生に限らず、勉強熱心なビジネスパーソンでも、このような悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。
「かつての僕は、まさにそうでした」。2浪、偏差値35という崖っぷちから1年で奇跡の東大合格を果たした西岡壱誠氏は、自らの経験を振り返って言います。「でも、ちょっとした工夫で、劇的に改善したんです」。
教科書、参考書だけでなく、あらゆる本の読み方を根本から変えた結果たどり着いた読書法をマンガで解説する『マンガでわかる東大読書』を刊行した西岡氏に、「勉強のモチベーションを高める本」を紹介してもらいました。
『マンガでわかる東大読書』第1話無料公開中!

本との出会いが僕の「勉強嫌い」を治してくれた

みなさんは「勉強」は好きですか?

『マンガでわかる東大読書』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

学生は学校に通って勉強しなければなりません。受験勉強や試験勉強も必要です。社会人になってからも仕事のために勉強したり、学び直しや資格試験に挑んだりしなければなりません。人間は一生、勉強と付き合っていかなければならないんですよね。

しかし、そんな一生関わっていかなければならないものであるにもかかわらず、「勉強するのが好きだ」と言う人ってなかなかいませんよね。「勉強は好きですか?」と聞かれたら「嫌いだ」と答える人のほうが多いと思いますし、ぶっちゃけ大体の人が「やりたくない」と考えていると思います。

僕もずっと、勉強が嫌いでした。勉強なんてやりたくないとずっと思っていたし、だからこそ偏差値35でした。

そんな僕が、「勉強」を頑張ろうと思えるようになったのは、本と出会ったからです。今日は「勉強のモチベーションが上がる本」を3冊ご紹介したいと思います。

次ページ勉強に向き合う「姿勢」を教えてくれた本
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT