東大生も絶賛「読書のコスパを最大化する」ワザ

「2冊同時読み」で2倍以上の効果が出せる

「読み方の工夫」1つで「読書のコスパ」が劇的に高まるといいます(出所:『マンガでわかる東大読書』)
「本や教科書を読んでいるのに、なかなか身につかない」
受験生に限らず、勉強熱心なビジネスパーソンでも、このような悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。
「かつての僕は、まさにそうでした」。2浪、偏差値35という崖っぷちから1年で奇跡の東大合格を果たした西岡壱誠氏は、自らの経験を振り返って言います。「でも、ちょっとした工夫で、劇的に改善したんです」。
教科書、参考書だけでなく、あらゆる本の読み方を根本から変えた結果たどり着いた読書法をマンガで解説する『マンガでわかる東大読書』を刊行した西岡氏に、東大生が読書の際にやっている「コツ」を紹介してもらいました。
『マンガでわかる東大読書』第1話無料公開中!

「同時に2冊読む」と読書のコスパは高まる

「本を読んでも、なかなか身にならない!」「書いてある内容を、すぐに忘れてしまう……」そんな風にお悩みの方、多いのではないでしょうか?

『マンガでわかる東大読書』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

僕も同じ悩みを持っていたのでわかるのですが、本を読んで「へえ、そういうこともあるんだな」と字面を追っていても、右から左に流れてしまうことって多いんですよね。

「なんかこんなことが書いてあったような気はするんだけど……」と、ぼんやりした情報として頭に残るだけで、なかなか知識としては定着しない。みなさんも経験があるのではないでしょうか?

読んだのに定着しないのでは、せっかくの読書も「コスパ」が悪くなってしまいますよね。

東大生はその問題に、ある方法で立ち向かっています。実は、東大生は同時並行で2冊以上の本を読むことで、読書のコスパを最大限に高めているのです。

次ページ「2冊同時読み」でコスパが高まるわけ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT