東大生も絶賛「読書のコスパを最大化する」ワザ

「2冊同時読み」で2倍以上の効果が出せる

「読み方の工夫」1つで「読書のコスパ」が劇的に高まるといいます(出所:『マンガでわかる東大読書』)
「本や教科書を読んでいるのに、なかなか身につかない」
受験生に限らず、勉強熱心なビジネスパーソンでも、このような悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。
「かつての僕は、まさにそうでした」。2浪、偏差値35という崖っぷちから1年で奇跡の東大合格を果たした西岡壱誠氏は、自らの経験を振り返って言います。「でも、ちょっとした工夫で、劇的に改善したんです」。
教科書、参考書だけでなく、あらゆる本の読み方を根本から変えた結果たどり着いた読書法をマンガで解説する『マンガでわかる東大読書』を刊行した西岡氏に、東大生が読書の際にやっている「コツ」を紹介してもらいました。
『マンガでわかる東大読書』第1話無料公開中!

「同時に2冊読む」と読書のコスパは高まる

「本を読んでも、なかなか身にならない!」「書いてある内容を、すぐに忘れてしまう……」そんな風にお悩みの方、多いのではないでしょうか?

『マンガでわかる東大読書』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

僕も同じ悩みを持っていたのでわかるのですが、本を読んで「へえ、そういうこともあるんだな」と字面を追っていても、右から左に流れてしまうことって多いんですよね。

「なんかこんなことが書いてあったような気はするんだけど……」と、ぼんやりした情報として頭に残るだけで、なかなか知識としては定着しない。みなさんも経験があるのではないでしょうか?

読んだのに定着しないのでは、せっかくの読書も「コスパ」が悪くなってしまいますよね。

東大生はその問題に、ある方法で立ち向かっています。実は、東大生は同時並行で2冊以上の本を読むことで、読書のコスパを最大限に高めているのです。

次ページ「2冊同時読み」でコスパが高まるわけ
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • iPhoneの裏技
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。