東大生が「難しい本もスラスラ読めちゃう」ワケ

3つの「読むべきポイント」で誰にでもできる

たくさんの情報を「簡潔にまとめる力」があるから、難しい本もスラスラ読めるといいます(出所:『マンガでわかる東大読書』)
「本や教科書を読んでいるのに、なかなか身につかない」
受験生に限らず、勉強熱心なビジネスパーソンでも、このような悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。
「かつての僕は、まさにそうでした」。2浪、偏差値35という崖っぷちから1年で奇跡の東大合格を果たした西岡壱誠氏は、自らの経験を振り返って言います。「でも、ちょっとした工夫で、劇的に改善したんです」。
教科書、参考書だけでなく、あらゆる本の読み方を根本から変えた結果たどり着いた読書法をマンガで解説する『マンガでわかる東大読書』を刊行した西岡氏に、東大生が読書の際にやっている「コツ」を紹介してもらいました。
『マンガでわかる東大読書』第1話無料公開中!

読書の最大の敵は「わかったつもり」になること

「本を読んで、そのときはわかったような気持ちになったんだけど、実際は全然身についていなかった!」という経験、みなさんにもあるのではないでしょうか?

『マンガでわかる東大読書』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

読書って、なかなか難しいものです。読んでいるときは「なるほど! そうなのか!」という気分になるのですが、読み終わって少し時間が経つと「……あれ? やっぱりよくわかんないぞ?」という感覚になり、結局その読書を実生活に活かすことができない。よくある話だと思います。かくいう僕も、そういう経験ばかりでした。

一方、多くの東大生は読んだことをずっと覚えていて、それを実生活に活かしています。勉強していても「ああ、これはこの前読んだ本に書いてあった」「あの本で言っていたこととこれって、結局同じことだな」と、過去の読書経験をフル活用しているのです。

この差って、一体なんなのでしょうか? 僕は、この差は「要約力」の違いから生まれると考えています。今日は、なぜ「要約力」がこの差を生むのか、どうすれば要約力を伸ばせるのかについて、「3つの視点」をご紹介しながらお話ししたいと思います。

次ページ「文章を読めているか」がわかるたった1つの質問
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。