東大生が「難しい本もスラスラ読めちゃう」ワケ

3つの「読むべきポイント」で誰にでもできる

たくさんの情報を「簡潔にまとめる力」があるから、難しい本もスラスラ読めるといいます(出所:『マンガでわかる東大読書』)
「本や教科書を読んでいるのに、なかなか身につかない」
受験生に限らず、勉強熱心なビジネスパーソンでも、このような悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。
「かつての僕は、まさにそうでした」。2浪、偏差値35という崖っぷちから1年で奇跡の東大合格を果たした西岡壱誠氏は、自らの経験を振り返って言います。「でも、ちょっとした工夫で、劇的に改善したんです」。
教科書、参考書だけでなく、あらゆる本の読み方を根本から変えた結果たどり着いた読書法をマンガで解説する『マンガでわかる東大読書』を刊行した西岡氏に、東大生が読書の際にやっている「コツ」を紹介してもらいました。
『マンガでわかる東大読書』第1話無料公開中!

読書の最大の敵は「わかったつもり」になること

「本を読んで、そのときはわかったような気持ちになったんだけど、実際は全然身についていなかった!」という経験、みなさんにもあるのではないでしょうか?

『マンガでわかる東大読書』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

読書って、なかなか難しいものです。読んでいるときは「なるほど! そうなのか!」という気分になるのですが、読み終わって少し時間が経つと「……あれ? やっぱりよくわかんないぞ?」という感覚になり、結局その読書を実生活に活かすことができない。よくある話だと思います。かくいう僕も、そういう経験ばかりでした。

一方、多くの東大生は読んだことをずっと覚えていて、それを実生活に活かしています。勉強していても「ああ、これはこの前読んだ本に書いてあった」「あの本で言っていたこととこれって、結局同じことだな」と、過去の読書経験をフル活用しているのです。

この差って、一体なんなのでしょうか? 僕は、この差は「要約力」の違いから生まれると考えています。今日は、なぜ「要約力」がこの差を生むのか、どうすれば要約力を伸ばせるのかについて、「3つの視点」をご紹介しながらお話ししたいと思います。

次ページ「文章を読めているか」がわかるたった1つの質問
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT