東大生が「難しい本もスラスラ読めちゃう」ワケ

3つの「読むべきポイント」で誰にでもできる

僕は、「本は魚のようなものだ」と考えています。

「何言ってんだ?」と呆れずに、もうちょっと読み進めてみてください(出所:『マンガでわかる東大読書』)

魚って、頭から尾っぽまで、真っ直ぐに1本骨が通っていますよね。その背骨から枝分かれした骨があり、身がついています。魚を食べるときには、骨と身を分けないといけません。

どんな文章であれ、文章には一貫した主張があるものです。最初の段落から結論の部分までが、一貫して何かを主張している。具体例や細かい説明の部分は、その主張を補完するために書かれているわけです。

この「一貫した主張」が骨で、「具体例や説明」が身です。わかりやすかったり、読んでいて印象に残りやすいのは、この「具体例」や「説明」のほう、つまり身です。

大切なのは「言いたいこと」を理解すること

美味しいのは身のほうなので、多くの人は身にばかり目を向けてしまいます。でも、大切なのは骨の部分身と骨を分離して、きれいに「骨」を理解することが求められるのです。

たとえば、次のような文章があったとします。

常に疑いの目線を持って生活することが大切だ。たとえば、本当は言っていないにもかかわらず、偉人が言ったことになっている名言はたくさんある。マリー・アントワネットは「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」なんて言っていないし、ナポレオンは「吾輩の辞書に不可能の文字はない」なんて言っていない。こんなふうに、一般に正しいと思われていても実は間違っていることは多いから、十分に注意すべきだ。

この文章で記憶に残りやすいのは、「マリー・アントワネットは『パンがなければお菓子を食べればいいじゃない』なんて言っていない」という具体例ではありませんか? 

美味しいのは「身」でも、読み取るべきは「骨」です!(出所:『マンガでわかる東大読書』)

でも、この文章が本当に伝えたいのは「疑いの目を持とう」ということです。つまり、マリーアントワネットの話は「身」で、「疑いの目」の話が「骨」なのです。

この話を要約してくれと言われて、マリー・アントワネットの話をしたら「わかってない」やつだと笑われてしまいます。要約として適切なのは「疑いの目を持とう」という話で、マリー・アントワネットの具体例はそれを補足し、説明するためにあるだけなのです。

短くまとめる「要約」の必要性について、わかってもらえましたでしょうか。

次ページ誰でも「要約上手」になれる3つの視点
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 最新の週刊東洋経済
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT