あの状況でパチンコに並ぶ人に共通する考え方

ギャンブル依存症は誰もがかかりうる病気だ

「理解できない」と思った人も多いかもしれないが、れっきとした理由がある(写真:Mlenny/iStock)

コロナ禍の報道などを機に、にわかに注目を集めているのが、パチンコに通う人たちの存在ではないだろうか。自粛期間中に朝から行列をつくる光景が、テレビで全国へ大々的に放送された。

「当時のインタビューを見聞きしていると、“暇だから来た”“ストレス解消のため”と答えている方が多かったように思います。自粛要請が出ているのだから、今は行かないほうがいい。そう頭の中ではわかっているのに、行かずにはいられない。そういう衝動こそ、『ギャンブル依存症』によく見られる症状です」

「パチンコに行ったすべての人たちが依存症だとはいいません。ですが、あのタイミングでパチンコに行く人がこんなにいるんだ、とは思いましたね」

こう話すのは、ギャンブル依存症患者やその家族への支援を行う公益社団法人「ギャンブル依存症問題を考える会」代表理事の田中紀子さんだ。

ギャンブル依存症の人は推定320万人

ギャンブル依存症とは、「ギャンブルなどにのめり込んで、やめられなくなっている行動嗜癖」のこと。2017年に国立病院機構久里浜医療センターの樋口進氏らがまとめた「国内のギャンブル等依存に関する疫学調査(全国調査結果の中間とりまとめ)」によると、ギャンブルなどの依存が疑われる人は成人全体の3.6%(推計)。国勢調査の数字からギャンブル依存症の人は320万人がいると報じられている。

ギャンブル依存症というと、“自分にだらしない人”“意志の弱い人がなるもの”“ダメ人間”といったイメージを持つ人もいるだろう。だが、「必ずしもそうではない」と田中さんは否定する。

「私たちの会が支援する人たちには、いかにもギャンブラーだとわかりそうな人たちだけでなく、銀行員も、会社員も、公務員も、子育て中の母親もいます。これまで何千人もの依存症の人に会っていますが、どんな人でも依存症になる可能性があります」

そのうえで、「だからこそ、依存症は誰もがかかる“病気”であるという理解が必要です」と訴える。

次ページ世界的にギャンブル依存症は病気の1つ
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。