大量廃棄・日本人に「地球1個分の生活」は可能か

「エコロジカル・フットプリント」という指標

福田「地球1個分の生活」に向けた社会課題といえば、ポストコロナの世界では「サステイナビリティ」にも人々の目が向くと思います。リバースプロジェクトの活動では、日本の制服を環境配慮型へと変えていく「全日本制服委員会」にも注目が集まりそうですね。

大企業と協働して「制服」を環境配慮型に

伊勢谷エシカルな素材や循環システムを企業の制服に取り入れていくこのプロジェクトは、ヤマト運輸さん、伊藤忠エネクスさん、ニッポンレンタカーさんなど多くの企業にご賛同いただいています。

福田:これはすごくいいアイデアですよね。

伊勢谷:企業の制服(ユニホーム)は、職種によっては必要なものです。企業によっては2万着、3万着と大量に必要です。

福田:そうですね。職種によっては必要だし重要ですね。

伊勢谷:絶対的なものを変えていくので、少しコストが上がったとしても「環境意識の高いもの」に変える意義もある。大手企業と協働することで何万着もの服を「環境に適したもの」に変えていけています

福田:ただ、一般の消費者にはアプローチできないと、なかなか社会全体には浸透しませんよね。

伊勢谷:でも、福田さんのご著書2030年アパレルの未来 日本企業が半分になる日にもあったように、デジタルファッションの仕組みで、1人ひとりのサイズデータを入力して、ぴったりの型紙で生地を切って縫製すればオーダーメイドの服ができるといった、技術革新が生まれています。

福田:そういった「マスカスタイマイゼーションのシステム」と「サステイナブル」って、相性がいいと思うんです。

伊勢谷:サステイナブルを意識しない層にもサステイナブルが届くような仕組みやアプローチが実現しつつあるのはひとつの希望ですね。

福田:そうですね。そうやって「地球環境に与えている負荷」を日々認識することが、「地球1個分の生活」に向けた第一歩だと思います。

伊勢谷1人ひとりの選択が、ちりも積もれば大きな社会の流れの変化になる。それができるような仕組みづくりをしていきたいですね。

福田:そして、近未来に「地球1個分の生活って、こういうものですよ」と言えるようなものをつくりたいですね。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT