大量廃棄・日本人に「地球1個分の生活」は可能か

「エコロジカル・フットプリント」という指標

福田:「ウール」「シルク」「アルパカ」なんて聞くと、自然素材でいいイメージがあります。しかし、消費者が環境に貢献しようと「ウール100%」とか「コットン100%」の製品を買うことが、実は環境負荷につながる可能性もあるというわけです。とくにシルクは、養蚕自体にものすごい環境負荷があります

廃棄が高いシルクを100%使い切る

伊勢谷:シルクは水も大量に使いますよね。しかも、製造工程で原料から製品になるのはたった17%しかない。

福田 稔(ふくだ みのる)/ローランド・ベルガー パートナー。慶應義塾大学商学部卒業、欧州IESEビジネススクール経営学修士(MBA)、アメリカ・ノースウェスタン大学ケロッグビジネススクールMBA exchange program修了。株式会社電通国際情報サービスにてシステムデザインやソフトウェア企画に従事した後、2007年ローランド・ベルガーに参画。ローランド・ベルガー東京オフィスの消費財・流通プラクティスのリーダー(撮影:今祥雄)

福田:そうですね。あとはすべて廃棄されますね。

伊勢谷:「リバースプロジェクト」では、新しいシルク産業として、「愛媛シルクプロジェクト」というものを立ち上げてアプローチしています。これは製造工程を見直して、「シルクの原料を100%使い切るように変えていこう」というプロジェクトです。

福田:その中のひとつ、サナギを魚の餌にするってありますよね。

伊勢谷:そうです。ほかには「フィブロイン」という繊維状の物質を生体適合性にすぐれた手術用の縫合糸にしたりとかもあります。

福田:ほかには、どのようなことができますか。

伊勢谷:廃液から出る「セリシン」という物質には、肌をきれいにする保湿効果や紫外線抑止効果があることから、シャンプーやタオルなどに利用します。このように、製造段階で100%使い切ることができれば、シルクの「スコアリング」が大きく変わってくると僕は思っているんです。

福田アディダス「海洋廃棄物から靴を作る」本気度で話した、商品にどのくらいの「環境負荷」(CO2の排出量や水の使用量など)があるのか、わかりやすく数値化して情報提供する「スコアリング」ですね。

伊勢谷:そうです。このように、製造工程のやり方を変えるだけでも、産業自体が変わる可能性があると思います。

福田:製品そのものの環境負荷だけでなく、アパレル業界にはもっと大きい問題があります。「つくりすぎによる大量廃棄」です。日本のアパレル産業は、年間「約13.5億点の需要」に対し、「約29億点の供給」があります。単純計算で「約15.5億点の余剰在庫」が生まれており、廃棄・焼却処分されるものも少なくありません。

伊勢谷:まさに「大量生産・大量消費のモデル」が行き着いた先ですね。ポストコロナの時代、真っ先にメスを入れなければならない社会課題だと思います。

次ページ日本の「フードロス」、いちばん多いのは…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT