中国ネット業界で分かれるコロナ禍の「明暗」

検索2位の「捜狗」、20年1~3月期は赤字に転落

捜狗は2020年1~3月期に四半期ベースで過去最大の損失を計上した(写真は捜狗のウェブサイトより)

中国のインターネット業界で、新型コロナウイルス流行の影響の明暗が分かれている。オンライン・ゲームやオンライン教育などには追い風となったが、ネット広告への依存度が高い企業は厳しい現実に直面している。

後者の典型が検索エンジン2位の捜狗(Sogou)だ。ニューヨーク証券取引所に上場する同社は5月18日、2020年1~3月期の決算報告書を発表。それによれば、売上高は前年同期比2%増の2億5700万ドル(約277億円)を確保したものの、最終損益は3160万ドル(約34億円)の赤字に転落し、四半期ベースで過去最大の損失を計上した。

赤字転落の直接的な要因はネット広告のマージンの縮小だ。捜狗の売上高総利益率は2019年1~3月期は27%、同年10~12月期は44%だったが、2020年1~3月期は16%にまで落ち込んだ。同社は2020年4~6月期の業績についても悲観的な見通しを示す。売上高は前年同期比8~14%減少し、最終損益は700万ドル(約7億5000万円)前後の赤字になる可能性があるという。

ネット広告依存の限界がコロナで露呈

中国で新型コロナが流行していた期間、捜狗の2大事業である検索エンジンとスマートフォン向け中国語入力サービス(訳注:タッチパネルの入力を漢字に変換するクラウドベースのソフトウェア)は過去最大のトラフィックを記録していた。にもかかわらず、売上高の増加にはつながらなかった。新型コロナの打撃を受けた広告主の多くが予算を削減したためだ。

「広告主との商談により多くの時間を費やし、年内に広告獲得を正常化させたい」。捜狗の創業者でCEO(最高経営責任者)の王小川氏は、決算説明会でそう語った。だが、同社が苦況を脱するために必要なのは広告収入の回復より、新たな成長モデルをいかに作り出すかだろう。

本記事は「財新」の提供記事です

捜狗の四半期ベースの売上高は、2018年の前半まで前年同期比40~50%の高い伸びを見せていた。ところが、その後の成長率は多くの四半期で1~2%に鈍化し、ネット広告依存の限界が見えていた。今回の赤字転落は、捜狗の事業構造転換の遅れをコロナが露呈させたと言えそうだ。

(財新記者:葉展旗)
※原文の配信は5月19日

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。