世界市場を狙う集英社、「ジャンプ」の勝ち目

電子コミック事業の海外展開を戦略的に推進

おひざ元の国内の漫画市場を見ると、昨年は業界全体の販売金額が4980億円と前年比で12.8%増え(出版科学研究所の推計)、久々の明るい話題となった。が、下図からもわかるように、鬼滅の刃の大ヒットが紙の単行本の販売を大きく底上げしたにもかかわらず、紙媒体(紙のコミック誌と単行本の合計)は前年並みがやっと。市場を牽引したのはあくまで電子コミックだ。

海賊版サイト「漫画村」が2018年に閉鎖されたこともあり、電子コミックの販売金額は30%増と大幅に増えた。集英社も鬼滅の刃の電子版などが牽引して電子コミックの販売が拡大。さらに、自社で運営する少年ジャンプ+のオリジナル作品からもヒットが生まれ、漫画関連の事業は業績的にも大健闘した。

とはいえ、人口減少が進むことを考えれば、この先、国内市場の縮小は不可避。漫画系の出版社が事業の先細りを避けるには、海外展開の強化が必須であり、それは集英社も同じだ。となると、MANGA Plusの成否が同社の将来を大きく左右するといっても過言ではない。

先述したようにMANGA Plusは課金ではなく、多くの会員を集めて広告収入を得るビジネスモデル。まだ開始から1年余りであり、現時点ではそれ自体で大きな収益を稼ぐには至っていない。しかし、会員数がさらに増えて世界中で認知度が高まれば、同アプリ単体で収益に貢献するだけでなく、派生するさまざまなビジネスとの相乗効果も期待できる。

MANGA Plusに期待される役割

MANGA Plusに掲載された作品の人気が海外で高まれば、正規ルートでの販売がある国なら無料では読めない単行本など有料コンテンツの販売増が見込める。また、アニメ放送や映画、スマホゲームなど、IPを活用したビジネスにもつながって、それらの版権収入が舞い込む。

「漫画以外への作品展開は今まで国内がメインだったが、今後はより世界全体を意識した展開が考えられる」と細野編集長。今のMANGA Plusは集英社の作品を発信する場だが、将来的には、ほかの出版社の作品も掲載するプラットフォームへと進化させる可能性もあるという。

3月30日の月曜日。週刊少年ジャンプの発売日となるこの日、集英社が運営する国内外の公式漫画アプリで鬼滅の刃のクライマックスともいえる、大きな展開を迎える回が配信されるとすぐ、日本の読者はもちろん、海外の多くの読者もSNS(交流サイト)に感想を書き込んだ。

「海外の漫画ファンが日本の読者と一緒に盛り上がる同時代性がますます進んでいる」と、細野編集長はMANGA Plusの今後に大きな手応えを感じている。

海外に向けた漫画のプラットフォームとして、ドラゴンボールやONE PIECEのような世界中のファンを熱狂させる新たな大ヒット作品を生み出す──。MANGA Plusに期待される役割は大きい。

週刊東洋経済5月16日号スペシャルレポート「世界を狙う集英社『ジャンプ』の勝算」に一部加筆。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT