どうぶつの森「楽しめる人・すぐ飽きる人」の差

世界観壊す「ナンパ師」「詐欺師」にはご用心

超人気ゲーム『あつまれ どうぶつの森』の魅力とは?(写真:筆者スクリーンショット)
物心ついたときからゲームと付き合い続けてきた筆者が、その長いゲーム歴から最新作から過去の名作までを掘り起こして語り尽くす本連載。
今回取り上げるのは、世界中で人気を集める「あつ森」こと『あつまれ どうぶつの森』。同作を楽しめる人と、楽しめない人のちがいとは?

Nintendo Switchソフト『あつまれ どうぶつの森』は、2001年に発売されたNINTENDO64ソフト『どうぶつの森』に始まる人気シリーズの最新作だ。

シリーズ開始当初はゲームファンのみに知られた作品だったが、2005年に発売されたニンテンドーDSソフト『おいでよ どうぶつの森』は国内だけで販売本数500万本を突破するなど、今や任天堂のキラータイトルと言っても過言ではない。

「どうぶつたちと村での暮らしをのんびり満喫する」というコンセプトは、家族で1台ではなく、1人1台を持ち歩く携帯ゲーム機との相性が良かった。また、ネット回線を通じて友達の村を訪問できるという目新しさも広く受け入れられた。

その人気は決して日本だけにとどまらない。3月20日に発売した最新作『あつまれ どうぶつの森』は、3月末の時点で世界累計販売本数1177万本を突破。

新型コロナの影響で会えない友達同士がゲーム内で誕生会や卒業式を行うというトレンドが生まれたり、アメリカのメトロポリタン美術館が所蔵する美術品のデータをゲーム内で使える形で提供したことが話題になったりと、世界中から支持を集める本作。早速プレイしてみた。

開始早々「49800ベル」の借金を背負う

プレイヤーは「たぬき開発」が企画した「無人島移住パッケージ」の参加者の1人として、無人島に渡ることになる。

無人島に着いたら、自分のテントと、ほかの住民のテントを配置し、薪や果物を拾って、みんなでお祝いのキャンプファイヤー。

楽しい時間も過ぎて翌日。テントにたぬき開発の社長「たぬきち」が尋ねてくる。彼がそそくさと手渡してきたのは、島での暮らしをサポートしてくれるスマホと、無人島移住パッケージの請求書。そこには49800ベルの額が……。

はいきた! きました!! これがうわさのたぬきちの本性ですよ!!!

この連載の一覧はこちら

風の噂には聞いていた。どうぶつの森シリーズはのんびりスローライフと、さも楽しげに誘いながら、その実態は参加者を借金漬けにして返済のために強制労働させるというゲームだと。

プレイヤーは無人島で暮らすんだからお金なんて持ってきているはずがない。するとたぬきちは初期費用は「マイル」でも払えると言い出した。ああ、このマイルって間違いなく、カイジのペリカ的なやつだ。

と、冗談はさておき、プレイヤーは無人島の代表として、たぬきちのアドバイスを聞きながら、「無人島を発展させ、魅力的な島にしていくこと」にはげんでいく。

次ページあつ森ワールドに欠かせない「3つのアイテム」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。