ドラクエウォーク「無課金でも超楽しめる」理由

「課金した者勝ちのクソゲー」はもういらない

人気のスマホゲーム『ドラクエウォーク』は課金せずともいかに楽しめるか、やりこみ要素もあわせて紹介していく(写真:ドラクエウォーク公式サイトより/https://www.dragonquest.jp/walk/
物心ついたときからゲームと付き合い続けてきた筆者が、その長いゲーム歴から最新作や過去の名作までを掘り起こして語り尽くす本連載。今回扱うのは人気スマートフォンゲーム『ドラクエウォーク』。同作が「課金しなくても十分楽しめる理由」とは?

今回紹介するのは、2019年9月にサービスが開始されたスマホゲーム。ドラゴンクエストウォーク(以下、ドラクエウォーク)だ。

ドラクエウォークは、イングレスやポケモンGOなどで市民権を得た「位置ゲーム」と呼ばれるジャンルのスマホゲームであり、実際に自分が移動することでゲームが進んでいく。

ドラクエウォークがほかの位置ゲームと違うのは、実にドラクエの名を冠するにふさわしい、RPGの文脈をしっかりと引き継いでいる部分だ。

「ドラクエ世界」を疑似体験できる

ゲーム内では現実の地図がドラクエのマップのように表示され、自分で街や洞窟へ移動し、モンスターとの戦闘を繰り返すことで、ストーリーを進めたり、キャラクターをレベルアップさせる。

この連載の一覧はこちら

そして現実の時間などともリンクしており、現実の世界の昼夜はドラクエウォークの世界でも同じで、またその地域に雨が降っていると画面内にも雨が降る。

プレイヤーはあたかもコントローラーでキャラクターを移動させるかのように、自らの足で現実の街を歩くことで、ドラクエウォークの世界を堪能するのである。それはまさに、自分がドラクエの世界で冒険しているような感覚だ。

「村人を苦しめているモンスターがいるという森にやってくると、突然巨大なキメラが現れた。いや、違う! これは『世界の山ちゃん』の看板だ!!」などと、実際の街の中で、僕は楽しんでいる。

さて、最初に「どこに課金要素があるのか」を解説しておきたい。基本プレイ無料のスマホゲームに、課金要素があるのは当たり前だが、ここを見誤ると、楽しむために予想以上の出費が必要となる可能性がある。

ドラクエウォークのメインとなる課金要素は主に2つだ。1つは「ふくびき」。ソシャゲとしてはお約束の、いわゆる「ガチャ」である。

次ページふくびきで手に入る「強力な装備品」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 財新
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。