母親たちが阿鼻叫喚「在宅勤務」の辛すぎる実態

家事分担しない夫、SNS投稿にイライラ…

現在の状況は通常の在宅勤務とは大きく異なる(写真:mits/PIXTA)

人によって6週間、4週間、12週間と期間に違いはあるものの、新型コロナウイルスのロックダウンや外出自粛による影響を感じていない人はいない。多くの国が規制を緩和し始めているが、子どもを持つ親は引き続き厳しい状況に置かれている。在宅勤務を続けながら、同時に家で子どもの勉強を見て、家の中を維持し、子どもと自分自身の心の健康を保つことを余儀なくされているのだ。

マサチューセッツ州ホリストン在住のパトリックはニューヨークのメディアに対し、「仕事がある日にいちばん大変なことは、自分の教師としての仕事量、妻のセラピストとしての仕事量、3人の子どもたちのニーズ、これらすべてのバランスをとることだ」と語っている。

ワークライフバランスは完全に失われた

コロナ以前、アメリカでリモートワークをしているのは、労働者全体のわずか7%にすぎなかった。リモートワークができるのは、主に管理職やホワイトカラーといった比較的収入の高い人に限られていた。

が、コロナによってこれが変わりつつある。現在、アメリカの労働者の半数以上がすべてでなくとも、自宅で行うことが可能な仕事・責務に就いている。10年以上にわたり、職場のトレンド研究を行ってきたグローバル・ワークプレイス・アナリティクスのケイト・リスター社長は、「家で仕事を余儀なくされる時間が長くなるほど、状況が落ち着いたときに、企業が在宅勤務を取り入れる傾向が強まる」と話す。

これが働き方における「ニューノーマル」になることに懸念を持つ人もいるだろう。ブルームバーグは4月23日、「パンデミックで普段の仕事時間が3時間増え、ワークライフバランスが失われた」と題した記事を掲載。「終わりの見えない、国を挙げての在宅勤務実験に突入して6週間、仕事と私生活の間にわずかでもあった境界線は完全になくなってしまった」と書いた。

次ページ夫が1日24時間、週7日家にいることで起きた変化
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT