円安で不利か、と思われた業種のその後は?

JXと吉野家を分析する

ただ、吉野家は2013年12月5日から「牛すき鍋膳」を発売し、開始から約2カ月で累計700万食を販売する人気商品となりました。牛丼並盛りの価格より2倍以上高い580円(並盛り)という、メニューの中では高価格帯であるにもかかわらず、売れ行きが好調なのです。ちなみに、今回分析した決算は昨年11月30日までのものですから、牛すき鍋膳の売り上げはまったく含まれていません。この大ヒット商品によって、同社は4月4日に通期の業績を増額修正しました。終わった期の解説はもちろんですが、今期の決算予想(本決算は、4月11日発表予定)に注目です。

続いて、貸借対照表(同6~7ページ)の分析に移ります。自己資本比率を計算しますと43.6%ありますから、非常に高い水準です。安全性にはまったく問題がありません。

一方、企業の短期的な安全性の目安となる流動比率(流動資産÷流動負債)は、75.5%です。この指標は、一般的には120%あれば安全だと判断されますが、吉野家のように日銭が入ってくる業種ですと、75%程度でも十分回ります。

もうひとつ注目したいのが、JXでも触れた受取手形及び売掛金と支払手形及び買掛金の差額です。吉野家の場合、受取手形及び売掛金は35億円、支払手形及び買掛金は56億円ですから、支払いを猶予されている金額のほうが21億円多くなっています。日銭が入ってくる商売であるうえ、仕入れなどの費用は後で支払いますから、その分、資金余裕が生まれるというわけです。

さらに「資産の部」を見ますと、「商品及び製品」が30億円計上されています。それに対し、吉野家の1カ月当たりの売上原価は53億円ですから、約半月分の在庫しか持っていないということになります。

ちなみに、先ほど分析したJXの場合、たな卸資産が2兆0444億円もありました。1カ月当たりの売上原価は9321億円ですから、同社は約2.2カ月分の備蓄をしていると計算できます。これだけ備蓄に資金負担がかかります。流動資産が多い分、JXの流動比率は110.6%と高い水準になっているのです。

次ページ2社の業績を見るうえで、今後の注意点は?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT