危険手当320円、コロナに奮闘する看護師の実情

風評被害で心理的に追い詰められるケースも

看護師たちは感染の恐怖とつねに戦っている(写真:ロイター/Issei Kato)

5日で1枚。感染症患者に対応する人は1日1枚――。これは福岡県のある公的病院で、看護師が使える医療用マスクの枚数だ。5日間使うマスクには自分の名前を書き、病院側が管理する。毎日、マスクの内側に入れたガーゼを取り換えて使っている。

「普段なら1日何回もマスクを変えますが、今は許されません」。この病院で働く50代の看護師は話す。利用を制限されているのは、いわゆる薬局で売っているような不織布マスクだけではない。ウイルスの飛沫感染を防ぐ「N95」と呼ばれる医療用のマスクも不足し、使い回している。

『週刊東洋経済』4月27日発売号は「コロナ医療崩壊」を特集。新型コロナウイルスの感染拡大により、困難に見舞われている医療現場の最前線を追っている。

15床のため100床をすべて閉鎖

緊急事態宣言が発令された福岡県では、575人(4月23日時点)の感染者が発生している。院内感染も続いており、福岡記念病院(福岡市)や福岡徳洲会病院(春日市)では、複数の医療従事者の感染者が判明している。

この公的病院は感染症の指定医療機関ではないが、現在2人の新型コロナ患者を受け入れている。病床数は450床。県の要請を受け、患者は今後も増える見込みだ。

同院で新型コロナ患者の受け入れが始まったのは、4月頭のことだ。感染症指定医療機関でないため、感染症病床などの設備はない。受け入れを始めた時点では体制が整っておらず、空気を清浄する特殊なフィルターを個室につけて対応した。

4月の2週目に入り、8階フロアが新型コロナの専用病棟になった。8階には全部で100床あるが、感染患者の受け入れは15床分の個室しか使えない。病室はすべて廊下でつながっているため、院内感染を防ぐためには、15床のために100床すべてを閉鎖するしかなかった。

次ページ他の患者の移転に苦心
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT