危険手当320円、コロナに奮闘する看護師の実情

風評被害で心理的に追い詰められるケースも

看護師たちは感染の恐怖とつねに戦っている(写真:ロイター/Issei Kato)

5日で1枚。感染症患者に対応する人は1日1枚――。これは福岡県のある公的病院で、看護師が使える医療用マスクの枚数だ。5日間使うマスクには自分の名前を書き、病院側が管理する。毎日、マスクの内側に入れたガーゼを取り換えて使っている。

「普段なら1日何回もマスクを変えますが、今は許されません」。この病院で働く50代の看護師は話す。利用を制限されているのは、いわゆる薬局で売っているような不織布マスクだけではない。ウイルスの飛沫感染を防ぐ「N95」と呼ばれる医療用のマスクも不足し、使い回している。

『週刊東洋経済』4月27日発売号は「コロナ医療崩壊」を特集。新型コロナウイルスの感染拡大により、困難に見舞われている医療現場の最前線を追っている。

15床のため100床をすべて閉鎖

緊急事態宣言が発令された福岡県では、575人(4月23日時点)の感染者が発生している。院内感染も続いており、福岡記念病院(福岡市)や福岡徳洲会病院(春日市)では、複数の医療従事者の感染者が判明している。

この公的病院は感染症の指定医療機関ではないが、現在2人の新型コロナ患者を受け入れている。病床数は450床。県の要請を受け、患者は今後も増える見込みだ。

同院で新型コロナ患者の受け入れが始まったのは、4月頭のことだ。感染症指定医療機関でないため、感染症病床などの設備はない。受け入れを始めた時点では体制が整っておらず、空気を清浄する特殊なフィルターを個室につけて対応した。

4月の2週目に入り、8階フロアが新型コロナの専用病棟になった。8階には全部で100床あるが、感染患者の受け入れは15床分の個室しか使えない。病室はすべて廊下でつながっているため、院内感染を防ぐためには、15床のために100床すべてを閉鎖するしかなかった。

次ページ他の患者の移転に苦心
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT