コロナ医療崩壊 何もかも足りない! 医療現場の絶体絶命

✎ 1〜 ✎ 19 ✎ 20 ✎ 21 ✎ 22
拡大
縮小

新型コロナウイルスの猛威が止まらない。社会、経済を機能停止に追い込み、医療も破壊しようとしている。海外で起きている医療崩壊は決してよそごとでない。

本誌:石阪友貴、井艸恵美、辻 麻梨子、風間直樹、野村明弘、長谷川 隆

週刊東洋経済 2020年5/2-5/9合併号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

特集「コロナ医療崩壊」の他の記事を読む

シールドで密封された担架によって運ばれる韓国の患者(Chung Sung-Jun)

巨大な災厄に世界が震撼している。

新型コロナウイルス感染による世界の死者は4月21日時点で17万人を超えた。死者が最も多いのは4万人超の米国。2万人を超えているイタリア、スペイン、フランスがそれに続く。対して日本の死者は21日時点で263人。感染者数も1万人強である。

欧米諸国と比べ、封じ込めに成功しているようにも見える。しかし、先行きは楽観できない。厚生労働省クラスター対策班の西浦博・北海道大学教授は「何も対策を打たなければ15歳以上の重症者は85万人を超え、そのうち約40万人が死亡」という厳しいシナリオをあえて提示した。

最悪のシナリオに至らないまでも、医療現場は厳しい現実に直面している。重症患者が増える中で、感染を防ぐ防護服、医療用マスク、ICU(集中治療室)、人工呼吸器が不足している。そして何より医療スタッフが足りない。医療崩壊が起きかねない状況だ。

本特集では、日本の医療現場の実情と、世界におけるコロナ制圧戦争の最前線を見ていく。

週刊東洋経済編集部
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
コロナ医療崩壊
インタビュー/仏パリ経済学校教授 ダニエル・コーエン
中国|危機はいまだ去らず
ドイツ|コロナ禍でも欧州の優等生
イタリア|名所から人影が消えた
インタビュー/経済学者・思想家・作家 ジャック・アタリ
イギリス|首相も感染の非常事態
アメリカ|ICU病棟の看護師が激白
アメリカ|黒人の高い死亡率
ベンチャーの新技術は切り札となるか
コロナとの戦いは続く
第2章 試される世界
疫病と人との歴史を腰を据えて学ぶ
楽天の三木谷浩史会長兼社長が語るコロナ危機
対策に限界、ついに休業も
実用化は早くても2021年
期待できる治療薬はどれか
感染拡大の行方を予測する
戦いの長期化を覚悟すべき理由
インタビュー/神戸大学教授 岩田健太郎
見えない敵の真実
インタビュー/WHO事務局長上級顧問 英キングス・カレッジ・ロンドン教授 渋谷健司
なぜPCR検査を受けられないのか
医療現場の絶体絶命
第1章 震える日本
コロナ医療崩壊
何もかも足りない! 医療現場の絶体絶命
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内