有料会員限定

アビガンは年内にも承認へ 期待できる治療薬はどれか

印刷
A
A

日本で有望視されている候補薬は5つ。アビガンのほかレムデシビルにも期待。

インフルエンザ治療薬として備蓄されているアビガン(提供:富士フイルム)

特集「コロナ医療崩壊」の他の記事を読む

新型コロナウイルス感染症の拡大で待ち望まれる治療薬。現在、日本で有望視されている候補薬は、「アビガン」「レムデシビル」「カレトラ」「オルベスコ」「フサン」の5つだ。

中でもアビガンは、安倍晋三首相が4月7日に緊急事態を宣言した記者会見で、「すでに120例を超える投与が行われ、症状改善に効果が出ているとの報告も受けている」と述べるなど期待が高い。

アビガンは、富士フイルム富山化学が承認を取得した日本発のインフルエンザ治療薬で、ウイルスの増殖を防ぐ効果がある。中国科学技術省が3月、アビガンの後発品で有効性を示す臨床試験の結果が得られたと発表し、有力候補となった。しかしその後、発表論文の一部が取り下げられた。その理由は不明だ。今のところアビガンは、その治療効果に期待する見方と、冷静な見方とが交錯している。

日本では富士フイルム富山化学が3月末、新型コロナの適応で臨床試験を開始した。6月末に試験を終了し、速やかに申請準備に入る予定だ。試験結果や申請時期によるが、早ければ年内に承認され、正式に新型コロナ治療薬として使える可能性がある。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
コロナ医療崩壊
インタビュー/仏パリ経済学校教授 ダニエル・コーエン
中国|危機はいまだ去らず
ドイツ|コロナ禍でも欧州の優等生
イタリア|名所から人影が消えた
インタビュー/経済学者・思想家・作家 ジャック・アタリ
イギリス|首相も感染の非常事態
アメリカ|ICU病棟の看護師が激白
アメリカ|黒人の高い死亡率
ベンチャーの新技術は切り札となるか
コロナとの戦いは続く
第2章 試される世界
疫病と人との歴史を腰を据えて学ぶ
楽天の三木谷浩史会長兼社長が語るコロナ危機
対策に限界、ついに休業も
実用化は早くても2021年
期待できる治療薬はどれか
感染拡大の行方を予測する
戦いの長期化を覚悟すべき理由
インタビュー/神戸大学教授 岩田健太郎
見えない敵の真実
インタビュー/WHO事務局長上級顧問 英キングス・カレッジ・ロンドン教授 渋谷健司
なぜPCR検査を受けられないのか
医療現場の絶体絶命
第1章 震える日本
コロナ医療崩壊
何もかも足りない! 医療現場の絶体絶命
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内