有料会員限定

「稼いだ時間の上にあぐらをかき何の対策も準備してこなかった」 インタビュー/神戸大学教授 岩田健太郎

印刷
A
A
いわた・けんたろう 1997年島根医科大卒。2008年から神戸大学大学院医学研究科教授(感染治療学)。03年に中国でSARS、14年にはアフリカでエボラ出血熱対策に当たる。(オンライン取材時に撮影)

特集「コロナ医療崩壊」の他の記事を読む

週刊東洋経済 2020年5/2-5/9合併号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

政府の対策の有効性をどう考え、医療崩壊を防ぐためにはどうすべきか。多数の新型コロナウイルス感染症患者を出したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の内情を告発した、感染症研究の第一人者、岩田健太郎・神戸大学教授に聞いた。

──4月7日、7都府県に緊急事態宣言が出されました(取材日は13日)。この対策をどう見ていますか。

大阪府や福岡県などに必要だったかは微妙だったが、少なくとも東京にはもっと早く宣言を出すべきだった。日本の対策はこれまでおおむねうまくいっていた。それは、発生したクラスター(感染者集団)を探して追いかけて潰して、を繰り返し感染の連鎖を防いできたからだ。クラスター追跡は起こったことを後から追いかけていくやり方。感染者の規模が小さかった時期はこのやり方が通用していたが、東京では規模が大きくなり追いかけることができなくなった。

そのまま爆発的な感染を許したのがイタリアであり、米国のニューヨーク市だ。ロックダウン(都市封鎖)は、そうなる可能性が高くなった時点で早く行うべきだった。経済面などで副作用が大きいとはいえ、感染拡大を防ぐためにはそれ以外の方法がない。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
コロナ医療崩壊
インタビュー/仏パリ経済学校教授 ダニエル・コーエン
中国|危機はいまだ去らず
ドイツ|コロナ禍でも欧州の優等生
イタリア|名所から人影が消えた
インタビュー/経済学者・思想家・作家 ジャック・アタリ
イギリス|首相も感染の非常事態
アメリカ|ICU病棟の看護師が激白
アメリカ|黒人の高い死亡率
ベンチャーの新技術は切り札となるか
コロナとの戦いは続く
第2章 試される世界
疫病と人との歴史を腰を据えて学ぶ
楽天の三木谷浩史会長兼社長が語るコロナ危機
対策に限界、ついに休業も
実用化は早くても2021年
期待できる治療薬はどれか
感染拡大の行方を予測する
戦いの長期化を覚悟すべき理由
インタビュー/神戸大学教授 岩田健太郎
見えない敵の真実
インタビュー/WHO事務局長上級顧問 英キングス・カレッジ・ロンドン教授 渋谷健司
なぜPCR検査を受けられないのか
医療現場の絶体絶命
第1章 震える日本
コロナ医療崩壊
何もかも足りない! 医療現場の絶体絶命
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内