有料会員限定

ウイルスの逆輸入を警戒 中国|危機はいまだ去らず

印刷
A
A

76日間にわたった武漢の封鎖は解除されたが、リスクは山積。政府も制圧に自信を持っていない。

76日間にわたった封鎖が終わり、中国全土から駆けつけた医療チームも武漢から撤収している(AFP/アフロ)

特集「コロナ医療崩壊」の他の記事を読む

世界で最初に新型コロナウイルスの感染爆発が起きた湖北省武漢市で、76日間にわたり続いてきた都市封鎖が4月8日に解除された。当日午前0時には市内の高層ビル群がライトアップされ、祝賀ムードを演出した。

中国全土が喜びに沸いたこの日、武漢から2600キロメートル余り離れた北方の小都市がひっそりと厳戒態勢に入った。ロシアとの国境に位置する黒龍江省綏芬河(すいふんが)市だ。いわゆる「担ぎ屋」による小商いのメッカだが、現在はロシアとの人の往来が止められている。

中国の新型コロナとの戦いはまだ終わっていない。むしろ「第2波」への緊張は高まっているのだ。

第2波への警戒で一致

3月末に武漢の封鎖解除が決まり、清明節の連休(4月4~6日)に中国の観光地には人波があふれた。この様子に、独立系メディアの「財新」は第2波到来へ警鐘を鳴らした。「無症状感染者、治癒後の再陽性化、国外からの流入など、非常に大きな不確実性が残っている。再び大流行のリスクに直面する可能性がある」(4月7日付財新ネット)。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
コロナ医療崩壊
インタビュー/仏パリ経済学校教授 ダニエル・コーエン
中国|危機はいまだ去らず
ドイツ|コロナ禍でも欧州の優等生
イタリア|名所から人影が消えた
インタビュー/経済学者・思想家・作家 ジャック・アタリ
イギリス|首相も感染の非常事態
アメリカ|ICU病棟の看護師が激白
アメリカ|黒人の高い死亡率
ベンチャーの新技術は切り札となるか
コロナとの戦いは続く
第2章 試される世界
疫病と人との歴史を腰を据えて学ぶ
楽天の三木谷浩史会長兼社長が語るコロナ危機
対策に限界、ついに休業も
実用化は早くても2021年
期待できる治療薬はどれか
感染拡大の行方を予測する
戦いの長期化を覚悟すべき理由
インタビュー/神戸大学教授 岩田健太郎
見えない敵の真実
インタビュー/WHO事務局長上級顧問 英キングス・カレッジ・ロンドン教授 渋谷健司
なぜPCR検査を受けられないのか
医療現場の絶体絶命
第1章 震える日本
コロナ医療崩壊
何もかも足りない! 医療現場の絶体絶命
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内