サングラスの奥に見た、タモリの誇りと優しさ

「笑っていいとも!」、もう「終わってもいいとも」

サングラスの奥に見たまなざし

さて、最後にタレントたちのタモリさんへのメッセージの中で、印象的だった2人を挙げよう。ひとりはローラ。別にローラのことは名前を知っている程度だったわけだが、わざと涙を演出したり、泣きながら冗談を言うことでウケよう、としている複数のタレントの嘘くささが鼻につく中、彼女の心から発せられる純粋な一言一言は、お茶の間でぼけっとみていた私のハートにも届き、ここだけの話、もらい泣きしてしまった。彼女は自分が画面のアップで映っていないときも、時折、大泣きしており、いちばんタモリが共演者に愛されていることを実感する瞬間でもあった。

次に印象的だったのが爆笑問題の太田さんの場面だ。先日の首相出演に関して何かを言おうとして遮られていたが、この怒らないタモリさんが怒ったという首相への二言、「SPの、観客への態度がひどい」と、「バラエティ番組がバカにされている」の2点である。たとえ一国の首相といえど、自分の32年間守ってきた番組の愛する観客を不快な気持ちにさせるのは許せない、また自分が人生を投じてきた“はたから見ているとふざけて遊んでいるだけ”とみられがちなバラエティ番組の世界への、深い愛情とプライドをそのサングラスの奥に垣間見た気がした。

これは一般的に言い換えれば、一流の仕事をするためには、自分のお客さんやビジネスパートナーへの愛情を抱き、また周りからどう思われていようと、自分の仕事へのプライドを有していることが重要だということだろう。

タモリさん、私はそろそろ会社に出勤するために、ここらへんで筆をおきます。ランチタイムにテレビでこっそり見るのが楽しみだったのに、また日曜の特番でいつものタモリさんの姿を見られなくなるのが残念ですが、32年間お疲れさま、ありがとうございました。

最後の終わり方も、「明日も、また見てくれるかな?」で終わったタモリさん。日本のお茶の間を32年間見守り続けてきた尊敬すべき偉大なバラエティ番組に、深い敬愛の気持ちを込めて、「本当にお疲れさまでした。もう肩の荷を下ろして、“終わっても、いいとも”」と慰労の言葉を送りたい。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT