ザックジャパンの「大きな問題点」

ザック流指導が抱える”爆弾”

本場イタリア仕込みの指導法で、日本代表を率いてきたアルベルト・ザッケローニ監督。だが、彼の指導法には、大きな問題点がある。(写真:アフロ)

サッカーの指導法を受験勉強にたとえると・・・

ザックジャパンには、ひとつ構造的な問題点がある。普段はあまり目立たないが、対応を間違えると、チームを機能不全に陥れかねない不安要素だ。

それは、アルベルト・ザッケローニ監督の指導の流儀に、大きく関係している。

本題に入る前に、まずは監督の「指導論」について考えたい。サッカーにおける監督の指導法は、しばしば受験勉強になぞらえる。たとえば岡田武史・前代表監督は、直前対策のプロだ。勉強法にこだわらず、そのときのパフォーマンスが最大になるように、あらゆる引き出しから解決策を探す。場当たり的な部分はあるが、鋭い勘によって試験問題を的中させ、高得点に導く。

一方、その前に代表を率いていたイビチャ・オシム監督は、思考力を鍛えるタイプだ。世間にありふれた勉強法には目もくれず、オリジナルの難問を投げかける。生徒のとてつもないポテンシャルを引き出す可能性があるが、時間がかかるのが難点だ。

その前のジーコ監督は放任主義だった。選手たちの力を信頼し、のびのびとプレーさせる。その自由を尊重したスタイルは、型にはめられるのに慣れていた日本人選手にはまだ早すぎ、2006年W杯では1分2敗という惨憺たる結果に終わった。

では、ザックはどんな指導者なのか? あえて受験勉強でたとえると、「公式暗記」タイプだ。

ザックはプロ選手経験がないハンデを、自ら考えた戦術や練習法で乗り越え、イタリアサッカー界でのし上がってきた知将だ。頼れるのは理論のみ。それだけに「ザックの公式」はどれも明快だ。

特に守備のセオリーは、理にかなっている。以下、ザックの練習中のコメントを引用して例を挙げよう。

次ページ練習の多くが“前にやったメニュー”
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。