ザックジャパンの「大きな問題点」

ザック流指導が抱える”爆弾”

本場イタリア仕込みの指導法で、日本代表を率いてきたアルベルト・ザッケローニ監督。だが、彼の指導法には、大きな問題点がある。(写真:アフロ)

サッカーの指導法を受験勉強にたとえると・・・

ザックジャパンには、ひとつ構造的な問題点がある。普段はあまり目立たないが、対応を間違えると、チームを機能不全に陥れかねない不安要素だ。

それは、アルベルト・ザッケローニ監督の指導の流儀に、大きく関係している。

本題に入る前に、まずは監督の「指導論」について考えたい。サッカーにおける監督の指導法は、しばしば受験勉強になぞらえる。たとえば岡田武史・前代表監督は、直前対策のプロだ。勉強法にこだわらず、そのときのパフォーマンスが最大になるように、あらゆる引き出しから解決策を探す。場当たり的な部分はあるが、鋭い勘によって試験問題を的中させ、高得点に導く。

一方、その前に代表を率いていたイビチャ・オシム監督は、思考力を鍛えるタイプだ。世間にありふれた勉強法には目もくれず、オリジナルの難問を投げかける。生徒のとてつもないポテンシャルを引き出す可能性があるが、時間がかかるのが難点だ。

その前のジーコ監督は放任主義だった。選手たちの力を信頼し、のびのびとプレーさせる。その自由を尊重したスタイルは、型にはめられるのに慣れていた日本人選手にはまだ早すぎ、2006年W杯では1分2敗という惨憺たる結果に終わった。

では、ザックはどんな指導者なのか? あえて受験勉強でたとえると、「公式暗記」タイプだ。

ザックはプロ選手経験がないハンデを、自ら考えた戦術や練習法で乗り越え、イタリアサッカー界でのし上がってきた知将だ。頼れるのは理論のみ。それだけに「ザックの公式」はどれも明快だ。

特に守備のセオリーは、理にかなっている。以下、ザックの練習中のコメントを引用して例を挙げよう。

次ページ練習の多くが“前にやったメニュー”
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT