本田の初ゴールに学ぶ、W杯に不可欠なこと

小さな成功で喜ぶと、大きな成功はない

本田はジェノア戦で初ゴールを決めたが、試合後はポーカーフェースを崩さなかった(写真:Enrico Calderoni/アフロ)

初ゴール後もいつもの姿勢と変わらず

こんなことで一喜一憂するなよ――。まさにそう言っているかのようなポーカーフェースだった。

4月7日、32節のジェノア対ACミラン戦後、本田圭佑はセリエA初ゴールを決めたにもかかわらず、“お立ち台”を辞退した。イタリアのTV局『sky』がヒーローインタビューを申し込んだが、本田は広報を通して断ったのである。

ジェノアのスタジアムは、ロッカールームから駐車場に直接出られるため、選手はミックスゾーンを通らなくてもいい構造になっている。ただし、駐車場へ出るところは、記者も目にすることができる。出口から現れた本田に「ゴール、おめでとう!」と声をかけると、背番号10は軽く会釈をした。しかし、表情はまったく崩さない。

ここで浮かれていたら次はない。そんな決意がにじみ出ていた。

本来、このコラムは、W杯に向けて日本代表を厳しく批評するのが主題だ。前回はザックジャパンの不安材料を取り上げ、選手の「わかったつもり」と監督の求める水準にズレがあることを指摘した。だが、今回ばかりは、ミランの10番を背負う日本代表のエースを、評価せざるをえないだろう。

ジェノア戦において、本田は右MFとして先発すると、後半11分に大きな仕事をやり遂げる。縦パスをワンタッチで流して裏に抜け出し、相手GKより先にボールを触って、ボールをゴールマウスに流し込んだ。アウェーでの貴重なだめ押し点(結局、本田のゴールが決勝点に)。この初得点によって解き放たれたかのようにプレーが大胆になり、発想力を存分に発揮した。間違いなく最優秀選手のひとりだった。

タイミングのいいことに、筆者はジェノア戦の5日前に本田と話す機会があった。取材のメイン部分は他媒体で執筆する予定だが、そのときに交した会話の中で、今だからこそ意味があるものをここに記したいと思う。

取材は31節のキエーボ戦の直後だったため、本田がGKと1対1で決められなかった場面に話が及んだ。バロテッリから最高のパスが来たがシュートをミートできず、絶好機を逃してしまった場面だ。試合後、チームメートが肩に手を回して慰めるほど、悔やまれるミスだった。

次ページ挽回できない遅れはない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT