本田の初ゴールに学ぶ、W杯に不可欠なこと

小さな成功で喜ぶと、大きな成功はない

W杯本番への教訓

2つ目は、冒頭でも書いたように、「一喜一憂しない大切さ」だ。

試合後に冷静になって考えると、本田がなぜ『sky』のインタビューを断ったのか、その真意がわかるような気がした。

取材を受ければ、当然、質問とともに祝福を受ける。面と向かって繰り返し褒められたら、いくら強靭なメンタルを持っていても、気の緩みは生じてしまうだろう。そうなるとせっかく生じた上昇気流が、乱気流になりかねない。

先日のコラムで書いたように、本田は「試合が終わった瞬間、次の試合への準備が始まっている」と考えている選手だ。言い換えれば、いい結果が出た日ほど、気を引き締めるべきということだ。

昨年11月のベルギー遠征後(日本はオランダに2対2で引き分け、ベルギーに3対2で勝利した)、本田はこう語った。

「勝ったときというのは、よかった点に目を向けるのではなく、悪かったところに意識を向けなけないと。そういうときこそもっと徹底的に、今後、懸念される材料をしっかり洗い出さないといけない。負けた後に楽観的になるのは全然OKなんですけどね」

これをW杯に当てはめるなら、たとえグループリーグ初戦で勝ったとしても、ポーカーフェースを崩してはいけない。小さな成功で喜んでいたら、大きな成功など成しえないのだ。

本田的志向でジェノア戦のプレーを振り返れば、まだまだボールを失う回数が多いし、味方とイメージが合わない場面がある。何より、まだ背番号10として君臨しているとは言えない。

W杯が迫ったとしても、本田はミランにおいて失敗を恐れず、どんどん変化するはず――。個人的にはそう予想しているし、そう期待している。ミランで身に付けた新たな武器が、きっとW杯で役に立つはずだから。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 女性の美学
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本ブランドを売り込め!<br>中国向けEC販路の最前線

中国で2015年以降に広がったライブコマース。「ソーシャルバイヤー」が商品説明をライブ動画で配信しネットで注文を受ける、ECの新手法だ。東京からの配信開始で、日本企業も熱い視線を注いでいる。越境ECの新しい販路をリポートする。