第2波襲った「香港」給与50%を半年補助の英断

規制も強いが支援策の打ち出しも早かった

もう1つクラスター発生が多発してしまったのが、バーやカラオケといった飲食施設だ。

感染増加で政府が作った警告ポスター(画像:hongkong department of health)

3月に入ってからの香港は自粛モードが緩み、夜の街に繰り出す人々の数も増えていた。2月から幼稚園から大学まで休校が続く香港では、若者も「自粛疲れ」に。3月2日には公務員の在宅勤務も解除されたことから、一般企業もオフィス通勤を再開させ、街中の人出も増えていた。

3月24日には香港屈指の繁華街、尖沙咀(チムサアチョイ)のカラオケ店で、7人中5人の集団感染が発覚。香港島のバーが立ち並ぶ蘭桂坊(ランカイフォン)のバーで演奏していた音楽隊メンバーや、香港島各所のスポーツジムでも感染が相次いだ。

5人以上で集まった場合に罰金も

感染増大を受けて、香港政府は規制を強化。3月29日には「集合制限令」としてオフィスや会議、交通機関内、冠婚葬祭などを除いて公共の場で5人以上集まることを禁止。違反した場合は1人ごとに2000HKD(約2万8000円)の罰金が課せられるほか、最高で2万5000HKD(約35万円)と禁固6カ月の刑が定められている。

「ソーシャルディスタンス(約1.5mの距離)」をあけて公園で会話を楽しむ老人。これ以上くっつくと5人以上で「集合」したことになってしまう(筆者撮影)

集まっただけで罰せられるというのは、日本人の感覚からすると受け入れがたいかもしれないが、現実に厳格に運用されている。4月5日には、5人で屋外に集まり、将棋をしていた男性グループにそれぞれ2000HKD(約2万8000円)の罰金を科した。

クラスター発生が多発してしまった飲食店など、特定業種に対しても当面14日間、以下の措置を発令した。

【飲食店に対する香港政府の規制措置】
・入店者は定員の50%まで
・1つのテーブルにつき座席は4席まで
・隣のテーブルとの間隔は1.5メートル以上離す

劇場、スポーツジム、サウナ、パーティー会場、ゲームセンター、アミューズメント施設についても、いずれも閉鎖を求められた。さらに4月1日からはカラオケ、マージャン店、ナイトクラブ(日本のキャバクラのイメージに近い)に対して14日間の営業禁止措置。4月3日からは「主に酒類を提供する」バーやパブなどにも同様の措置が取られた。違反した場合は刑事罰に問われ、最高で5万HKD(約70万円)の罰金と6カ月の禁錮刑が科される。

次ページ閉鎖を求められた施設は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT