知られざる東京「ホテル御三家」の底力

ニューオータニに見る、和製ホテルの進む道

2007年に本館の改修工事をしたときに、空調設備を改良しました。通常の空冷式では、部屋の中が涼しければ建物の外はすごく熱い。そこで、水冷式にしたのです。

空調には温水と冷水が必要になりますが、かなりエネルギーを使います。そこで水だけ、お湯だけを流してできる空調システムを採用して、21億円のエネルギーコストを17億円弱にしました。その後、原油価格の高騰や円安でコストが上がったので、経営的にも手を打っておいてよかったですね。

パワースポットに環境ツアー

――総支配人おススメのホテルの楽しみ方を教えてください。

清水肇総支配人

当ホテルは2万坪の敷地があって、29万平方メートルの延べ床面積があります。1週間いても飽きないぐらい、すべてがそろっています。

たとえば(敷地内にある)清水谷公園の前に約1000坪のバラ園があります。赤いバラだけの庭園で、日本庭園とヨーロッパスタイルの庭園の両方が楽しめるわけです。

日本庭園には滝がありますが、東京で5大パワースポットと言われているところです。ボーっと座ってくつろいでいる方も多いのですが、本当にすごく癒されますよ。

蛍も生息していて、6月、7月はゲンジボタルとヘイケボタルと巡り合えるかもしれない。これは完全に陰陽師の世界(笑)。

――ホテルとしては50年ですが、庭園などそれ以前からの歴史がある土地柄ですからね。

もう500年ぐらいの歴史があります。たぶんどなたもご覧になったことがないと思いますが、木が枯れて石になった木石(ぼくせき)も残っています。そういうものを発見する喜びがありますね。

次ページラグジュアリーホテルは、災害対応でも試される
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。