外出禁止の国に「日本はヤバい」と心配される訳

サンフランシスコの感染増加が緩やかな理由

あるスーパーの前にて。入れる人数は制限され、入り口前には間隔を開けた列ができている(写真提供:バスケさん) 

この地域がNYに比べて感染者数や死亡者数が少ない理由として、「早く外出禁止に踏み切った」ことのほかに、「NYに比べれば、人口密度が高くない、人が密集する機会が少ない、車社会だから」という説もあるそうです。

私が住む東京は、まさに「人口密度が高く、人が密集する機会が多い、車社会じゃない(公共交通機関利用が多い)」地域。

さらにぞっとしてしまいました。

広がる在宅ワーク「格差」

ちなみに、この地域がテック企業が多いとはいっても、「在宅ワークもできる」→「すべて在宅ワークにする」はまた別の話。あのAppleやFacebookですら、最初の2週間は会社のシステム体制の切り替えに尽力したそうです。企業によっては、社員の在宅環境を整えるための支度金を10万円ずつ支給したところもあったそう(さすが!と思ったら、日本も一部企業ではこの支度金を出したところはあるよう)。

それにしても、「在宅ワークにしやすい人が、感染しにくい、仕事を続けやすい」というこの現実……。コロナというのは、経済格差や職業格差にグイグイ塩を塗りこんでいくウイルスだなと改めて感じました。

さて次回は、生活の中のウイルス除染方法と、この家族の外出禁止生活の詳細を紹介します。次々回はオンライン授業について紹介する予定です。

次回記事:外出禁止の国が実践する「非常時生活」のリアル

 

この連載にはサブ・コミュニティ「バル・ハラユキ」があります。ハラユキさんと夫婦の問題について語り合ってみませんか? 詳細はこちらから。
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 住みよさランキング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT