外出禁止の国に「日本はヤバい」と心配される訳

サンフランシスコの感染増加が緩やかな理由

あるスーパーの前にて。入れる人数は制限され、入り口前には間隔を開けた列ができている(写真提供:バスケさん) 

この地域がNYに比べて感染者数や死亡者数が少ない理由として、「早く外出禁止に踏み切った」ことのほかに、「NYに比べれば、人口密度が高くない、人が密集する機会が少ない、車社会だから」という説もあるそうです。

私が住む東京は、まさに「人口密度が高く、人が密集する機会が多い、車社会じゃない(公共交通機関利用が多い)」地域。

さらにぞっとしてしまいました。

広がる在宅ワーク「格差」

ちなみに、この地域がテック企業が多いとはいっても、「在宅ワークもできる」→「すべて在宅ワークにする」はまた別の話。あのAppleやFacebookですら、最初の2週間は会社のシステム体制の切り替えに尽力したそうです。企業によっては、社員の在宅環境を整えるための支度金を10万円ずつ支給したところもあったそう(さすが!と思ったら、日本も一部企業ではこの支度金を出したところはあるよう)。

それにしても、「在宅ワークにしやすい人が、感染しにくい、仕事を続けやすい」というこの現実……。コロナというのは、経済格差や職業格差にグイグイ塩を塗りこんでいくウイルスだなと改めて感じました。

さて次回は、生活の中のウイルス除染方法と、この家族の外出禁止生活の詳細を紹介します。次々回はオンライン授業について紹介する予定です。

次回記事:外出禁止の国が実践する「非常時生活」のリアル

 

この連載にはサブ・コミュニティ「バル・ハラユキ」があります。ハラユキさんと夫婦の問題について語り合ってみませんか? 詳細はこちらから。
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。