外出禁止の国が実践する「非常時生活」のリアル

「正しい危機感」と「日常」を両立するコツ

この連載の一覧はこちら
世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス。日本でも4月7日に緊急事態宣言が出され、首都圏を中心に学校は休校。仕事は在宅勤務となったり、一斉休業となる施設や業種も。いったい私たちの生活はどうなってしまうのでしょうか。
前回から、アメリカ・サンフランシスコのベイエリアに住むある家族の生活を紹介しています。この地域は、かなり早い段階で外出禁止に踏み切り、そのおかげもあってNYと明暗を分けたと言われることもあります。
今回は、外出禁止生活を乗り切る「工夫」について取り上げます。意外なウイルス除菌方法は?家族の日々の生活の実態は?
前回記事:外出禁止の国に「日本はヤバい」と心配される訳

 

外出禁止!サンフランシスコの日常は…

次ページ日本とは大違い!
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナショックの大波紋
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。