女子校育ちで一度も交際経験のない36歳の葛藤

自分からLINEや電話が恥ずかしくてできない

男性と付き合った経験が一度もない36歳女性が婚活をしたら、何が起きたのでしょうか(写真:Yue_/iStock)
結婚相談所での活動者の中には、生活圏内の自然な出会いで、恋愛をまったく経験してこなかった人たちもいる。30歳を過ぎ、40歳を過ぎて周りを見渡せば、友人たちのほとんどが家庭を築いていて、「私も結婚したほうがいいのではないか」と、相談所の門戸をたたく。
仲人とした婚活現場に関わる筆者が、毎回1人の婚活者に焦点を当てて、苦悩や成功体験をリアルな声と共にお届けしていく連載。今回は、「人生における恋愛の熱量」について考えたい。 

男性と付き合った経験が一度もない

吉田友美(仮名、36歳)は、相談所での活動歴が4カ月になるが、これまで男性と付き合った経験が一度もない。

この連載の一覧はこちら

結婚相談所の場合、見た目や写真がきれいに撮れているかどうかの個人差もあるが、30代半ばならば最初の2カ月は、月に30~40件近くの申し込みがかかる。すでに登録している既存会員が一斉に新規参入者を見て、申し込みをかけてくるからだ。これを業界用語では“お見合いバブル”と呼んでいる。

真っ黒なストレートのロングヘアで清楚な美人顔の友美には、2カ月で100を超えるお申し込みがあった。しかし、お見合いをしたのは、月に1回程度。私が、「この方は条件もいいし、都内の方だし、お会いしてみたら?」と強く勧めた人たちとだけ会っていた。

そして、お見合い4人目まではお断りしていた友美だったが、5人目にお会いした米川隆次(仮名、39歳)には“交際希望”を出し、交際することになった。

「今までお会いした人たちの中で、1番話しやすかったですし、見た目もすてきでした」

隆次は、1部上場企業の社員で、身長175センチ、年収も800万円あり、サイドを短く刈り込んだヘアスタイルには、清潔感があった。

次ページ友美さんへのアドバイスは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT