女子校育ちで一度も交際経験のない36歳の葛藤

自分からLINEや電話が恥ずかしくてできない

男性と付き合った経験が一度もない36歳女性が婚活をしたら、何が起きたのでしょうか(写真:Yue_/iStock)
結婚相談所での活動者の中には、生活圏内の自然な出会いで、恋愛をまったく経験してこなかった人たちもいる。30歳を過ぎ、40歳を過ぎて周りを見渡せば、友人たちのほとんどが家庭を築いていて、「私も結婚したほうがいいのではないか」と、相談所の門戸をたたく。
仲人とした婚活現場に関わる筆者が、毎回1人の婚活者に焦点を当てて、苦悩や成功体験をリアルな声と共にお届けしていく連載。今回は、「人生における恋愛の熱量」について考えたい。 

男性と付き合った経験が一度もない

吉田友美(仮名、36歳)は、相談所での活動歴が4カ月になるが、これまで男性と付き合った経験が一度もない。

この連載の一覧はこちら

結婚相談所の場合、見た目や写真がきれいに撮れているかどうかの個人差もあるが、30代半ばならば最初の2カ月は、月に30~40件近くの申し込みがかかる。すでに登録している既存会員が一斉に新規参入者を見て、申し込みをかけてくるからだ。これを業界用語では“お見合いバブル”と呼んでいる。

真っ黒なストレートのロングヘアで清楚な美人顔の友美には、2カ月で100を超えるお申し込みがあった。しかし、お見合いをしたのは、月に1回程度。私が、「この方は条件もいいし、都内の方だし、お会いしてみたら?」と強く勧めた人たちとだけ会っていた。

そして、お見合い4人目まではお断りしていた友美だったが、5人目にお会いした米川隆次(仮名、39歳)には“交際希望”を出し、交際することになった。

「今までお会いした人たちの中で、1番話しやすかったですし、見た目もすてきでした」

隆次は、1部上場企業の社員で、身長175センチ、年収も800万円あり、サイドを短く刈り込んだヘアスタイルには、清潔感があった。

次ページ友美さんへのアドバイスは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT