女子校育ちで一度も交際経験のない36歳の葛藤

自分からLINEや電話が恥ずかしくてできない

男性と付き合った経験が一度もない36歳女性が婚活をしたら、何が起きたのでしょうか(写真:Yue_/iStock)
結婚相談所での活動者の中には、生活圏内の自然な出会いで、恋愛をまったく経験してこなかった人たちもいる。30歳を過ぎ、40歳を過ぎて周りを見渡せば、友人たちのほとんどが家庭を築いていて、「私も結婚したほうがいいのではないか」と、相談所の門戸をたたく。
仲人とした婚活現場に関わる筆者が、毎回1人の婚活者に焦点を当てて、苦悩や成功体験をリアルな声と共にお届けしていく連載。今回は、「人生における恋愛の熱量」について考えたい。 

男性と付き合った経験が一度もない

吉田友美(仮名、36歳)は、相談所での活動歴が4カ月になるが、これまで男性と付き合った経験が一度もない。

この連載の一覧はこちら

結婚相談所の場合、見た目や写真がきれいに撮れているかどうかの個人差もあるが、30代半ばならば最初の2カ月は、月に30~40件近くの申し込みがかかる。すでに登録している既存会員が一斉に新規参入者を見て、申し込みをかけてくるからだ。これを業界用語では“お見合いバブル”と呼んでいる。

真っ黒なストレートのロングヘアで清楚な美人顔の友美には、2カ月で100を超えるお申し込みがあった。しかし、お見合いをしたのは、月に1回程度。私が、「この方は条件もいいし、都内の方だし、お会いしてみたら?」と強く勧めた人たちとだけ会っていた。

そして、お見合い4人目まではお断りしていた友美だったが、5人目にお会いした米川隆次(仮名、39歳)には“交際希望”を出し、交際することになった。

「今までお会いした人たちの中で、1番話しやすかったですし、見た目もすてきでした」

隆次は、1部上場企業の社員で、身長175センチ、年収も800万円あり、サイドを短く刈り込んだヘアスタイルには、清潔感があった。

次ページ友美さんへのアドバイスは?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショックの大波紋
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。